柴崎岳、次節バレンシア戦でボランチ起用か...ヘタフェの中盤に離脱者続出

コメント

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が、次の試合でボランチ起用されるかもしれない。スペイン『アス』が伝えた。

ヘタフェは18日のリーガエスパニョーラ第33節でバレンシアと対戦する。だが、この試合をMFMFマウロ・アランバッリ、MFマルケル・ベルガラが負傷により、MFマテュー・フラミニが出場停止で欠場する見込みだ。

ホセ・ボルダラス監督はMFファジル・ファイサル、MFセルヒオ・モラをダブルボランチで起用することを検討しているという。一方、今季ボランチでプレーした柴崎やMFフランシスコ・ポルティージョにも同ポジションに据えられる可能性があるようだ。

今夏テネリフェからヘタフェに移籍した柴崎は、リーガ1部のファーストシーズンでここまで20試合1得点を記録している。ボルダラス監督の下でFW起用が多い柴崎だが、バレンシア戦では中盤の底でプレーすることもあり得る。

ヘタフェは現在10位に位置している。ヨーロッパリーグ出場権獲得を決められる6位ビジャレアルとは勝ち点6差だ。

次の記事:
モドリッチ、脱税による禁錮8カ月の罪を認める…スペイン紙報道
次の記事:
初先発の柏FWオルンガ、ドローにも前向き「ポジティブな要素もいくつか」
次の記事:
ホーム連勝の川崎Fが首位・広島との勝ち点差を4に!名古屋はジョー不発で連敗/J1第27節
次の記事:
広島対FC東京の上位対決は両者譲らず! 白熱の一戦はドロー決着/J1第27節
次の記事:
直近3試合無得点と調子を落とすサラーをクロップが擁護「彼は依然として脅威だ」
閉じる