柴崎岳、乾貴士の名も...リーガ1部・2部でW杯に出場する可能性があるのは109選手

シェア閉じる コメント
ロシア行きを目指す選手たち

“世界最高リーグ”と謳われるリーガエスパニョーラからは、100名を超える選手がロシア・ワールドカップ(W杯)に出場することになるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えた。

リーガ1部で、最もW杯に選手を送り出す可能性があるのはバルセロナ(19選手)だ。次いでレアル・マドリー(15選手)、セビージャ(11選手)、アトレティコ・マドリー(10選手)、セルタ(7選手)が続く。

広告

ヘタフェはポルトガル代表DFヴィトリーノ・アントゥネス、モロッコ代表MFファイサル・ファジル、日本代表MF柴崎岳の3選手にW杯行きの可能性がある。エイバルは日本代表MF乾貴士のみだ。

2部ではムニル・モハンド(ヌマンシア)、ダニー・カルバハル(アルバセテ)、ディエゴ・ヨハンセン(オビエド)にW杯出場のチャンスがある。1部で106選手、2部で3選手、最大で合計109選手がロシアの地に赴くことになりそうだ。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レヴァンドフスキ、やはりレアル・マドリー行きを望む?代理人2人を解雇との報道
次の記事:
常に先を見据える北川航也…Jリーグでの活躍が日の丸のシャツへとつながる【J1注目選手:清水エスパルス】
次の記事:
F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」
次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
閉じる