最新FIFAランクが発表!日本は60位のまま変わらず…W杯出場国では29番目

シェア閉じる コメント
5月17日に最新のFIFAランキングが発表された。

FIFA(国際サッカー連盟)は17日、最新のFIFAランキングを発表した。

日本代表は、前回と変わらず60位に。アジアでは、36位のイラン、オーストラリアの40位に次いで3番手につけている。ロシア・ワールドカップ出場国で、日本より下の順位は、韓国(61位)、ロシア(66位)、サウジアラビア(67位)のみとなっている。

なお、日本と同組のポーランドは10位、コロンビアは16位、セネガルは28位となっている。トップ10は変動がなかった。

トップ10は以下の通り。

1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ベルギー
4位 ポルトガル
5位 アルゼンチン
6位 スイス
7位 フランス
8位 スペイン
9位 チリ
10位 ポーランド

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
吉田麻也ベンチのサウサンプトンがエヴァートンに敗戦…レスターFW岡崎慎司はベンチ外/プレミアリーグ第2節
次の記事:
長谷部先発の昨季王者フランクフルトがまさかの敗退…大迫は最初の公式戦でゴール/DFBポカール1回戦
次の記事:
グアルディオラ語る、シティになくてバルサ&レアルにあるものは「彼らは馬鹿みたいに…」
次の記事:
ベティス戦で驚異の77M独走弾…30代に入りマラドーナ&メッシ級の衝撃をもたらすレバンテMFモラレス
次の記事:
大迫勇也、ブレーメン加入後初の公式戦で先制点!ポカール1回戦で格下からヘディング弾
閉じる