最新FIFAランクが発表!日本は40位に浮上、アジア2番手を守る…ドイツが1位返り咲き

シェア閉じる コメント
最新のFIFAランキングが発表。日本は順位を4つ上げて40位に浮上。25位のイランに続くアジア2位の座を守った。

FIFA(国際サッカー連盟)は14日、最新のFIFAランキングを発表した。

ロシア・ワールドカップ出場を決めた日本は、8月10日に発表された前回から順位を4つ上げて40位となり、アジアでは25位のイランに次ぐ2番手の座を守った。

そのほかアジアでは、ロシア・ワールドカップ予選でプレーオフを戦うこととなったオーストラリアは50位と前回から5つ順位を下げた、韓国も2つ順位を下げて51位となった。

なお、上位勢ではドイツが1位に返り咲き、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギーと続いている。

トップ10は以下の通り。

1位 ドイツ
2位 ブラジル
3位 ポルトガル
4位 アルゼンチン
5位 ベルギー
6位 ポーランド
7位 スイス
8位 フランス
9位 チリ
10位 コロンビア

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
バルサが敵地の第1戦を1-1で終えた場合...84%の確率でラウンド突破
次の記事:
監督交代で復活したバイエルン...ハインケス政権で22勝1分け1敗
次の記事:
まさに「得点製造機」...バルサの86得点中42得点に関与しているメッシ
次の記事:
ディ・フランチェスコ、ウンデルを称賛しながら「彼が一人でプレーするわけじゃない」
次の記事:
ポドルスキ、神戸ヘッドコーチに就任のエンゲルスに期待「僕たちの助けになることを願う」
閉じる