昨季引退のシャビ・アロンソ、第2のキャリアはやはり指導者の道へ

シェア閉じる コメント
昨季バイエルンで現役を退いたシャビ・アロンソ。指導者の道へ進むことを明言した。

昨シーズン限りで現役を退いた元スペイン代表MFシャビ・アロンソが、指導者としての道を歩み始めることを認めた。

アロンソは昨シーズンを最後にバイエルンで現役を引退。リヴァプール、レアル・マドリーと名門を渡り歩いた稀代のロングパサーは、ドイツを現役最後の地に選んでいる。

アロンソが第2のキャリアをどのようにするかはいまだ明言されていなかったが、25日に自身のInstagramで指導者の道へと進むことを明かした。

広告

「17年間プレーしてきて、キャリアの次のステップをどうするか決断した。私は指導者への道を進む。どこへ行くかもすぐに明らかになるだろう」

現役時代から、“ピッチ上の指揮官”として高い戦術眼を発揮してきたアロンソ。チャンピオンズリーグを2度、そしてワールドカップを1度制した同選手が、どのような監督キャリアを歩むか注目したいところだ。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
マンチェスター・Uが世界で2番目に価値のあるスポーツクラブに…米『フォーブス』がランキングを発表
次の記事:
ビジャレアルのカソルラが636日ぶりに復帰…右足切断の危機乗り越え再びピッチに
次の記事:
バイエルン新指揮官、ハメスの残留を明言「2019年までのレンタルだ」
次の記事:
レアル、今夏の新戦力獲得に向け400億円を準備か…アザール、クルトゥワら4選手の移籍を目指す
次の記事:
リヴァプールのクロップ監督「世界最高のGKと契約できた」新守護神アリソン獲得に歓喜
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する