昨季のJ1で最も走った選手、チームは?リーグ王者・川崎Fは意外な数字が…

シェア閉じる コメント
昨季の明治安田生命J1リーグにおいてトラッキングデータで顕著な数字を見せた選手、チームを紹介する。

昨季の明治安田生命J1リーグで最も多く走った選手は誰なのか?最も走ったチームはどこか?

Jリーグ公式サイト「Jリーグ.jp」では、J1リーグのトラッキングデータを随時公開している。節ごとにデータが追加されていき、選手の「試合別走行距離」、「試合別スプリント回数」をはじめ、チームの「試合別走行距離」、「平均走行距離」、「試合別スプリント回数」、「平均スプリント回数」をランキング形式で掲載。昨季のトラッキングデータで顕著な数字を見せた選手、チームを紹介する。

■試合別走行距離(選手)

試合別走行距離では、サガン鳥栖に所属するMF高橋義希がトップ5に4度ランクイン。鳥栖で13シーズン目を迎える32歳のダイナモが今シーズンも圧巻の走りを見せてくれるのか。

1位 13.66km 高橋義希(鳥栖)第4節 vsC大阪戦
2位 13.64km 高橋義希(鳥栖)第10節 vs横浜FM戦
3位 13.62km 高橋義希(鳥栖)第2節 vs川崎F戦
4位 13.61km 加藤大(新潟)第3節 vs清水戦
5位 13.55km 高橋義希(鳥栖)第13節 vs札幌戦

■試合別走行距離(チーム)

チームごとの試合別走行距離は、4月21日に行われた第8節のガンバ大阪vs大宮アルディージャ戦で、G大阪が125.468kmを走行。これが2017シーズンの試合別チーム走行距離で最も走った記録となる。試合は前半に2点、後半に4点をマークしたG大阪が6-0の圧勝を収めた。なお、この試合で最も走った選手は赤﨑秀平(現・川崎F)の12.741kmであった。

1位 125.468km G大阪 第8節 vs大宮戦
2位 125.156km 磐田 第5節 vs清水戦
3位 123.168km 札幌 第13節 vs鳥栖戦
4位 122.875km 鳥栖 第13節 vs札幌戦
5位 122.717km 鳥栖 第2節 vs川崎F

■走行距離(チーム平均)

続いてチーム平均の走行距離。こちらは、サガン鳥栖が114.149kmでトップに立った。逆に走行距離が少ないチームはヴィッセル神戸で109.031km。優勝した川崎フロンターレも18チーム中17位の109.072kmで、その川崎Fと優勝を争った鹿島アントラーズも109.244kmで16位にとどまった。なお、J1リーグのチーム平均値は111.368kmとなった。

1位 114.149km 鳥栖
2位 113.940km 仙台
3位 113.600km G大阪
4位 112.506km C大阪
5位 112.180km 札幌
※チーム平均値 111.368km

■試合別スプリント回数(選手)

スプリントとは約10~30メートルの距離を、時速24km/h以上で走ることで、選手の試合別スプリント回数は、3月18日に行われた第4節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャにおいて、甲府の田中佑昌が記録した43回が昨季の最高回数となった。その他もサイドを主戦場とするマテウスや永井謙佑、マルティノスらが揃ってランクイン入りしている。

1位 43回 田中佑昌(甲府)第4節 vs大宮
2位 41回 ホニ(新潟)第34節 vsC大阪
2位 41回 井手口陽介(G大阪)第16節 vs川崎F
4位 40回 マテウス(大宮)第33節 vs甲府
4位 40回 永井謙佑(FC東京)第1節 vs鹿島
4位 40回 山中亮輔(横浜FM)第29節 vs大宮
4位 40回 マルティノス(横浜FM)第3節 vs鹿島
4位 40回 福田晃斗(鳥栖)第13節 vs札幌

■試合別スプリント回数(チーム)

続いてチームの試合別スプリント回数トップ5。6月17日に行われた第15節の柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府戦で、柏が215回のスプリント回数をマーク。この一戦で最もスプリントしたのは甲府DF松橋優の38回だが、柏はFWクリスティアーノの37回、FW伊東純也の34回、MF中川寛斗の30回と3選手が30回以上のスプリント回数を記録した。

1位 215回 柏 第15節 vs甲府
2位 214回 C大阪 第33節 vs神戸
3位 212回 G大阪 第8節 vs大宮
4位 211回 鹿島 第29節 vs広島
5位 210回 横浜FM 第29節 vs大宮

■スプリント回数(チーム平均)

最後にチーム別平均のスプリント回数。こちらは171回で鹿島アントラーズがトップに立った。逆に最も低かったのはサンフレッチェ広島の131回。初優勝を手にした川崎フロンターレは18チーム中17位の144回だった。なお、J1のチーム平均値は155回となった。

1位 171回 鹿島
2位 169回 G大阪
3位 165回 柏
4位 164回 FC東京
5位 163回 C大阪
※チーム平均値 155回

※所属チームは2017シーズン時点

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
2018シーズン Jリーグの試合日程・放送予定まとめ
2018シーズンのJリーグをテレビの大画面で楽しむ方法とは?
開幕直前!DAZNでJリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン明治安田生命Jリーグ
徹底解説!Jリーグを視聴する方法を紹介/2018シーズン 明治安田生命Jリーグ
2018シーズンJリーグの大会概要まとめ-賞金やACL出場権、降格・昇格条件など
Jリーグのチケット購入方法とは?2018シーズン Jリーグのチケット情報まとめ

次の記事:
エジプトGKエル・ハダリが45歳161日でW杯最年長出場…コロンビアGKモンドラゴンの記録を更新
次の記事:
サウジアラビアが24年ぶりW杯勝利…後半AT弾でエジプトに逆転勝利を収めA組3位/W杯グループA第3節
次の記事:
首位通過はウルグアイ!決勝トーナメント1回戦の相手はどのチームに?【W杯グループAまとめ】
次の記事:
ウルグアイ、開催国ロシアを寄せ付けず…スアレス連発で無失点首位通過/W杯グループA第3節
次の記事:
酒井宏樹、セネガル戦でエースのマネを抑えた秘訣は「アプリで研究」
閉じる