日本代表MF長谷部誠、“主将”山口蛍に「監督の期待を感じた」

コメント
MF長谷部誠が日本代表のキャプテンついて語った。

日本代表は12日、国際親善試合でパラグアイ代表と対戦。前半を0-1で終えるも、4-2で逆転勝利を収めた。日本代表MF長谷部誠は「選手はもちろん、チームスタッフも笑顔になり、会話も明るい」と雰囲気の変化を語った。

日本代表のキャプテンと言えば長谷部だが、パラグアイ戦は欠場。キャプテンマークを巻いたのはMF山口蛍だった。ベンチから見た風景をどのように捉えたのだろうか。長谷部は「西野朗監督の真意は聞いていない」と前置きしつつ、以下のように続けた。

「監督は(山口が)ちょっと元気ないと僕にも話をしていた。その中に、監督の蛍に対する期待は感じていた。奮起してほしいという気持ちがあったと僕は思います」

2010FIFAワールドカップ・南アフリカでは、突然キャプテンに任されて戸惑っていたことを指摘されると、長谷部は「あの時は自分も、そうでした。彼(山口)の場合は試合直前に言われたので、戸惑う時間もなかったかもしれない」と答える。「いままでも言ってきたように、このチームは誰がキャプテンをやっても周りの選手のサポートがあるので、問題なくできる」と自身の考えを述べた。

14日、ついにロシアW杯が開幕する。高揚感について聞かれた長谷部は「まだここ(オーストリア)にいるので、その感覚はあまりない」と答えつつも、「向こうへ着き、環境が変われば、そういう時間はある。初戦まであと1週間くらい。初戦にフォーカスしてやっていきたい」と、コロンビア代表とのグループリーグ初戦を見据えた。

コロンビア代表との一戦は19日に行われる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
次の記事:
奥川雅也、いよいよ新天地キールで初先発か…独メディアは左ウィングでのスタートを予想
次の記事:
危機を乗り越えてシャルケへと戻ってきたババ、ガーナでの少年時代と苦しんだケガを回顧/独占インタビュー
次の記事:
フローニンゲンGK、電車ルールを知らず?無賃乗車扱いに納得できず暴行で逮捕
次の記事:
パトリックに決められた悔しさを糧に。次は必ず勝つ――鹿島CBチョン・スンヒョンの誓い/天皇杯4回戦
閉じる