日本代表、11月14日にFIFAランク5位の強豪・ベルギー代表と対戦

シェア閉じる コメント
11月14日に日本代表がFIFAランキング5位の強豪・ベルギー代表と対戦することが決定した。

ベルギーサッカー協会(KBVB)は29日に公式Twitterを更新し、11月に行われる国際試合の対戦相手を発表。11月14日に日本代表と対戦することが決定した。

ベルギー代表は現在FIFAランキング5位。今季マンチェスター・ユナイテッドに加入したFWロメル・ルカク、チェルシーMFエデン・アザール、マンチェスター・シティMFケヴィン・デ・ブライネなど、欧州の強豪でプレーする選手が揃うの強豪だ。

ロシア・ワールドカップ欧州予選では、8試合を終えて7勝1分と無敗をキープし、2試合を残して2年連続13回目のW杯出場が決定。欧州予選では開催国のロシアを除いて、最速でW杯出場権を手にしている。

ベルギー代表は11月10日にメキシコ代表、14日に日本代表と対戦する。日本代表はベルギー相手に2勝2分と無敗。ベルギーと初めて対戦したのは1999年の親善試合。さらに、2002年の日韓W杯初戦で日本がW杯で初めて勝ち点を奪った相手でもある。

次の記事:
伊メディアがロシアW杯を採点「日本は大会のサプライズ。勇気と組織力に及第点」
次の記事:
レスター地元紙が岡崎慎司のW杯を総評…中でもセネガル戦の働きを絶賛「これが我々のシンジだ」
次の記事:
“無謀な” C・ロナウド獲得計画「きっかけはあのゴール」ユヴェントスSDが明かす
次の記事:
英『ガーディアン』がW杯出場全選手の採点を発表…香川真司が日本代表の最高点をマーク
次の記事:
リヴァプールがアリソン獲得に92億円を提示か…実現すればGK史上最高額を更新
閉じる