日本代表・西野監督「オープンにできなかった部分もある」…コロンビア戦に向け秘策か

シェア閉じる コメント
ロシア入りした日本代表の西野朗監督が、コメントを発表した。

事前キャンプを行っていたオーストリアから、2018FIFAワールドカップ・ロシア開幕前日の13日にロシア入りした日本代表。キャンプ地のカザンに飛行機で到着すると、地元からの熱烈な歓迎を受けた。

日本サッカー協会(JFA)は14日、カザンに到着した日本代表・西野朗監督のコメントを公式サイトに掲載した。

「ロシアは気候が少し涼しいと感じました。カザンに無事入ることができて嬉しく思っています。オーストリアでのキャンプは昨日で終わりましたが、最後に試合で結果も出ましたし、ワールドカップの初戦、コロンビア戦に向けて、選手全員いい準備ができ、カザンに入ることができました。ここからやれることは限られています。初戦で戦うコロンビアをしっかり分析して、自分たちが戦えること、また勝つために今までオープンにできなかった部分もあるので、それを加えてしっかり精度を上げて万全の準備をして臨みたいと思います」

日本代表は19日、サランスクのモルドヴィアアリーナでグループリーグ初戦、コロンビア代表と対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
次の記事:
17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェスト・ハム移籍の理由とは?
次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する