日本代表、世界第5位ベルギーを相手にスコアレスで前半終了

シェア閉じる

14日にベルギーで日本代表対ベルギー代表の親善試合が行われ、前半を0-0で終えている。

日本は初招集の長澤和輝をスタメンで送り出し、右ウィンガーにはブラジル戦で先発した久保裕也ではなく、浅野拓磨を入れた。

広告

試合は好調な出足を見せた日本がいくつかチャンスを作る立ち上がりに。しかし、なかなかシュートまで持ち込めずにいると、徐々にペースは地力で勝るベルギーに。日本のミスを突いたショートカウンターからロメル・ルカクがゴールを狙っていく。

それでもGK川島永嗣や守備陣が最終局面で身体を張り、前半を無失点で折り返した。日本もセットプレーからチャンスを作るなど、後半に向けて明るい兆しを見せ、前半終了を知らせる笛を聞いている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
次の記事:
バルサ、S・ロベルトが契約延長に正式サイン!契約解除金は675億円に
次の記事:
シャドーで地位を確立…野津田岳人の強い覚悟の奥にある“自信”【J1注目選手:ベガルタ仙台】
次の記事:
逆転に次ぐ逆転...追い込まれて真価を発揮するレアル・マドリー
閉じる