新記録樹立したC・ロナウド、CL直近11試合で19得点...2017年においてはリーガ以上の得点数

シェア閉じる コメント
2017年リーガエスパニョーラでは17ゴール

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、またも快挙を成し遂げた。

C・ロナウドは6日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第6節ボルシア・ドルトムント戦(3-2)でチームの2点目を挙げた。これにより、今季CLグループステージ全試合で得点するという記録を達成している。

C・ロナウドの得点の内訳はグループH第1節アポエル戦(2得点)、第2節ドルトムント戦(2得点)、第3節トッテナム戦(1得点)、第4節トッテナム戦(1得点)、第5節アポエル戦(2得点)、第6節ドルトムント戦(1得点)だ。6試合で9得点を挙げ、現在CL得点ランクで堂々首位に立つ。

2017年に限っては、C・ロナウドはリーガエスパニョーラ以上にCLで得点を記録している。リーガでの17得点に対して、CLでは11試合19得点だ。ポルトガル代表FWは得点力が錆び付いていないことを証明している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
Jリーグは指導者不足?ハリル監督とも親交ある記者が思う問題点とは?【開幕特集】
次の記事:
主将・酒井高徳、HSVとの契約更新には慎重…クラブSD「競技面の結果を見守りたいようだ」
次の記事:
足首負傷の香川真司はさらに2週間離脱へ…ELアタランタ戦や難敵ライプツィヒ戦は欠場濃厚に
次の記事:
ヘタフェ、アンヘル2発などでセルタに快勝...柴崎岳は出場せず/リーガ第24節
次の記事:
マンチェスター・Cがまさかの敗退!“因縁の相手”3部ウィガンに今季3敗目を喫する/FAカップ5回戦
閉じる