新天地アンデルレヒトで森岡亮太に求められることとは…地元メディアが分析

シェア閉じる コメント
今冬の移籍市場でアンデルレヒトに加わった森岡亮太は、初戦でPKのチャンスをものにすることができなかった。地元メディアの識者は、ベフェレン時代とは求められる役割が異なると分析している。

今冬の移籍市場で、ワースラント・ベフェレンからアンデルレヒトに加わった森岡亮太について、「新天地では本領を発揮するのが難しいのではないか」と懐疑的な見方をする地元メディアもあるようだ。

森岡は4日に行われたジュピラー・リーグ第25節アンデルレヒトvsメヘレンで先発出場を果たした。だが、この試合で森岡はPKのキッカーを務めたものの、チャンスをものにすることができず。試合は2-2でドロー決着となっている。

ベルギーメディア『voetbalnieuws』はアンデルレヒトに加わった森岡について「アンデルレヒトでは本領を発揮できない可能性がある」と報じている。

記事では「新天地で最初に見せたアシストはとても素晴らしいものだった」と伝えつつも、同メディアの編集長ジャックス・シス氏は「(ソフィアン)アンニが去り、森岡がやってきたものの、彼はアンデルレヒトで順応するのに苦労するかもしれない」と指摘した。

「日本のMFはフレシエル(ベフェレンのホーム)である程度自由な権限を持ち、ピッチ上で攻撃のタクトを思う存分振るった。その成功は周知のとおり。だが、ハイン・ヴァーゼブルック(アンデルレヒト指揮官)は選手たちに組織的なサッカーを強いることでも知られる」

ベフェレンでブレイクを果たし、ベルギー国内のトップクラブであるアンデルレヒトに引き抜かれた森岡。ヴァーゼブルック監督は、昨季ヘントで久保裕也を指導したことでも知られるが、果たして森岡は同監督からの信頼を得て引き続き出場機会を与えられるのだろうか。ロシア・ワールドカップのメンバー入りに向け、森岡にとって結果が求められる勝負の後半戦となりそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
知念慶のゴールで一矢報いるも…昨季J王者・川崎フロンターレ、公式戦3連敗/ACL・グループF第2節
次の記事:
バルセロナ、移籍金40億円を準備してアルトゥール獲得で基本合意か
次の記事:
伊代表引退発表のデ・ロッシ、新監督の下で復帰に意欲「34歳だけど役に立てるなら」
次の記事:
初戦逆転負けの柏レイソル、パク・ジョンスを先発に起用/ACL・グループE第2節
次の記事:
公式戦連敗中の川崎フロンターレ、大卒ルーキーの守田英正を先発で起用/ACL・グループF第2節
閉じる