指導者ライセンス取得に奮闘するラウール氏、「現役時代とは違う視点」で次期レアルの監督へ

シェア閉じる コメント
指導者講習を受けているラウール・ゴンサレス氏。順調にコースを消化すれば1年以内にはトップチームの指揮が可能になる予定だ。

レアル・マドリーやシャルケでプレーしていたラウール・ゴンサレス氏が、監督ライセンス取得に向けて新たな一歩を踏み出している。

ラウール氏は、現役時代にレアル・マドリーで6度のリーグ制覇と3度のチャンピオンズリーグ優勝を経験している同クラブのレジェンド。2015年に現役を引退した同氏は、現在はレアル・マドリーのスタッフとして働きつつ、監督ライセンスを取得するために講習を受けている。

ピッチ内外で人格者として知られ、フロレンティーノ・ペレス会長からの信頼も厚いラウール氏は、いずれはトップチームの監督に座ることが確実視されている。順調にライセンスのコースをクリアしている元スペイン代表ストライカーは、現役時代とは異なるピッチ外からのフットボールへの関わりに新鮮さを感じているようだ。

「今は育成年代を教えるための講習を受けているところなんだ。でも、1年以内にはプロのライセンスを取得して、すべてのチームをコーチできるようになる予定だ。現役時代とは違う観点からフットボールを見ることができて、とてもいい経験になっているよ」

ラウール氏が現在受けている講習には、バルセロナで黄金時代を築き上げたシャビ・エルナンデス氏も合流する予定だ。かつてのライバルの加入に目を細めた元スペイン代表のストライカーは、旧知の選手たちと過ごすピッチ外での日々に充実感をにじませた。

「講習を受けているメンバーには、かつてのチームメートやライバルたちが大勢いるんだ。とても喜ばしいことだし、彼らと共に可能な限りたくさんのことを学びたいね」

次の記事:
デ・ロッシ「C・ロナウドのユーヴェ加入は伊にとって恵み。でも優勝は分からない」
次の記事:
「私のサッカーを体現するにはあと1、2人が必要」チェルシー新監督サッリが新戦力獲得を明言
次の記事:
“人類最速”ウサイン・ボルト氏、オーストラリアでトライアルに参加か
次の記事:
それは「解任ブースト」だけだったのか?現地密着記者が語る――飯尾篤史・北健一郎・青山知雄【日本代表総括/前編】
次の記事:
ザッケローニ、メッシに厳しい見解「W杯で傲慢な印象を受けた。一生懸命でない」
閉じる