復活のロイスにトッテナムら複数クラブが関心…ドルトムントは移籍金次第で放出か

シェア閉じる コメント
負傷による長期離脱から戻ってきたドルトムントのロイスに移籍話が浮上している。トッテナムが関心を示しているようだが、果たして夏の移籍はあるのだろうか。

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスは、今シーズン前半戦を負傷で棒に振る形となった。2月にようやく復帰を果たすと、リーグ戦ではここ2試合2ゴールを決めており、完全復活をアピールすることに成功している。そのロイスを今夏獲得すべく、プレミアリーグのトッテナムが動きを見せているようだ。

イギリスメディア『ミラー』によると、サイドアタッカーを求めているトッテナムは、新シーズンに向けた補強候補としてロイスに注目しているという。同選手にはこれまでチェルシー、ミランも関心を示していると報じられていたが、トッテナムも獲得に名乗りを挙げた形になる。

ロイスはドルトムントの下部組織出身ながら、ボルシアMGで評価を高め、2012年にドルトムントへ復帰。その後攻撃陣の柱として躍動を見せているが、クラブとの契約は2019年まで。記事によると、ドルトムントは高額の移籍金が発生する今夏の移籍市場で、ロイスを売却する可能性も十分にあるという。

長期離脱から復帰したばかりだが、早くもゴールという結果を残したことで、移籍話が再び加熱。今夏の移籍市場では注目銘柄の一人として、ロイスが大きくクローズアップされることになりそうだ。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する