引退した35歳の元米代表ドノヴァンに現役復帰の話が浮上…メキシコのレオンが関心

シェア閉じる コメント
元アメリカ代表のドノヴァンに対して、メキシコリーグのレオンが関心を示しているという。すでにピッチから退いているドノヴァンの現役復帰は実現するのか。

元アメリカ代表FWランドン・ドノヴァンが、メキシコリーグ(リーガMX)で現役復帰する可能性があると、『Fox Deportes』が報じている。

リーガMXは17-18シーズンの後期に入ったばかりだが、クラブ・レオンが豊富な経験を持つドノヴァンに関心を示しており「センセーショナルな現役復帰を果たす可能性がある」と記事で伝えている。

1982年生まれ、現在35歳のドノヴァンは、レヴァークーゼンの下部組織育ちで、サンノゼ・アースクエイクス、LAギャラクシー、バイエルン、エヴァートンなどでプレー。2016年、LAギャラクシーでプレーしたのを最後にピッチから退いていた。

アメリカ代表では2000年に初キャップを刻んでからエースであり続け、157試合に出場を果たしている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
UEFA最優秀選手候補3名はモドリッチ、C・ロナウド、サラー…グリーズマンやメッシが惜しくも選外に
次の記事:
バルセロナで戦力外のP・アルカセル、アラベス移籍は消滅…行き先はドイツに?
次の記事:
モドリッチ、自身がインテル移籍を画策したとの報道に「歴史的に馬鹿げたことだ!」
次の記事:
今季リーガの二枚看板はベイル&メッシに?ベイル、期待通りレアル・マドリーを引っ張る
次の記事:
ローマ指揮官、薄氷を踏む勝利に「全員が成長を」ジェコは自画自賛「最高のゴール」
閉じる