引退した35歳の元米代表ドノヴァンに現役復帰の話が浮上…メキシコのレオンが関心

シェア閉じる コメント
元アメリカ代表のドノヴァンに対して、メキシコリーグのレオンが関心を示しているという。すでにピッチから退いているドノヴァンの現役復帰は実現するのか。

元アメリカ代表FWランドン・ドノヴァンが、メキシコリーグ(リーガMX)で現役復帰する可能性があると、『Fox Deportes』が報じている。

リーガMXは17-18シーズンの後期に入ったばかりだが、クラブ・レオンが豊富な経験を持つドノヴァンに関心を示しており「センセーショナルな現役復帰を果たす可能性がある」と記事で伝えている。

1982年生まれ、現在35歳のドノヴァンは、レヴァークーゼンの下部組織育ちで、サンノゼ・アースクエイクス、LAギャラクシー、バイエルン、エヴァートンなどでプレー。2016年、LAギャラクシーでプレーしたのを最後にピッチから退いていた。

アメリカ代表では2000年に初キャップを刻んでからエースであり続け、157試合に出場を果たしている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ライプツィヒ、トップ出場歴なしの16歳を最大34億円で確保へ…ベンフィカの逸材が加入間近
次の記事:
アーセナルOB、ライバルに助言「チェルシーにとってジルーは最高のオプション」
次の記事:
2発の武藤嘉紀、リーグ公式に続き独誌ではMOM&ベストイレブンに…「勝利の立役者」
次の記事:
アンチェロッティが最後に残した功績…バイエルンの宝となったハメス
次の記事:
ヴェンゲル、巨額契約を選んだサンチェスに恨み節「トップレベルとして最後の契約になるかも」
閉じる