川島永嗣が語る収穫と課題…ブラジル相手にも「やれる部分」とは?

シェア閉じる コメント
3失点を喫して厳しい言葉も口にした川島。一方で「やれた」と語るシーンとは?

日本代表GK川島永嗣はブラジル戦の収穫と課題をどう見ているのだろうか。試合後にミックスゾーンで語った。

日本は10日、親善試合でブラジルと対戦し、1-3で完敗。開始早々にPKから失点するなど最初の45分間は厳しいものとなった。PKストップも見せた川島は前半について「満足いかない内容と結果だったと思います」と語り、1失点目が小さくない影響を与えたことを認める。

「ホント、1点目が一番大事だと思うし、今日も1失点目をしないようにという話もしていました。ビデオ判定でああいう形で取られてしまいましたけど、判断するのは難しい部分。一つ目の失点がその後に響いてしまうので、そこを自分たちがどう改善していくのかなというところはあります」

気持ちの部分の弱さが失点につながったとも反省点を挙げる川島。一方で、後半は1点を返すなど、前半と比べれば好パフォーマンスとなった。守護神も手応えをつかんだことを認める。

「後半のほうがボールに対して行けていたし、前半は自分たちの中では行けるところはいって、行けないところはしっかりブロックを作って形で話していたので。ゲームをやっている中で、自分たちからプレッシャーに行っているほうが、ペースができていたし、相手も嫌がる部分もありました。ああいうシーンを自分たちがもっと出せれば、こういう相手でもやれる部分は出てくるんじゃないかと思います」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
モドリッチ、自身がインテル移籍を画策したとの報道に「歴史的に馬鹿げたことだ!」
次の記事:
今季リーガの二枚看板はベイル&メッシに?ベイル、期待通りレアル・マドリーを引っ張る
次の記事:
ローマ指揮官、薄氷を踏む勝利に「全員が成長を」ジェコは自画自賛「最高のゴール」
次の記事:
久保裕也、レンタル契約の詳細が判明…買い取りOP行使はニュルンベルク史上最高額の投資
次の記事:
落第点のU-21日本代表。ベトナムに負けていた戦術面、メンタルを含めた対応力/アジア大会
閉じる