好調ケインがブッフォンの牙城を崩す…イングランド選手のCLシーズン最多得点記録に並ぶ

シェア閉じる コメント
リーグ戦でも絶好調のイングランド代表FWは、ユヴェントス相手に得点を奪い、敵地でのドローに貢献した。

トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、チャンピオンズリーグにおけるイングランド人選手シーズン最多得点記録に並んだ。

13日に行われたチャンピオンズリーグ ラウンド16でトッテナムは敵地でユヴェントスと対戦。0-2で迎えた35分、ケインは反撃ののろしを上げる得点をマーク。その後71分にクリスティアン・エリクセンが同点ゴールを奪って、トッテナムは敵地でユヴェントスと2-2のドローを演じた。

プレミアリーグで得点ランキングトップを走るケインにとって、この得点は今シーズンのチャンピオンズリーグで7点目。2008-2009シーズンのチャンピオンズリーグで元リヴァプールのスティーブン・ジェラード氏が記録したイングランド人選手の1シーズンにおける最多得点数に並んでいる。

一方、ワールドカップ欧州予選のプレーオフ スウェーデン戦で失点したのを最後に得点を許していなかったブッフォンは、この試合でケインに得点を奪われ、連続無失点時間は「694分」で終わりを迎えた。

なお、トッテナム対ユヴェントスのセカンドレグは、トッテナムのホームで3月7日に開催される。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
主将・長谷部誠、コロンビア撃破で自信を深める…チーム状態にも言及「一つになってやれている」
次の記事:
コロンビア人男性、サランスクで日本人女性に侮辱的言葉を口にさせる…深刻な問題に
次の記事:
影の功労者・原口元気、献身性と勝利への意志「日本のために…報われてよかった」
次の記事:
長友佑都が語るコロンビア戦勝利の要因とは…クアドラードとのマッチアップには手応え
次の記事:
ウィルシャーがアーセナル退団を発表!新天地は未定もパレスやサウサンプトンが興味か
閉じる