大迫所属のケルン、シュトゥットガルトからFWを獲得…昨季は2部で25ゴールをマーク

シェア閉じる コメント
ブンデスリーガの最下位に沈むケルン。後半戦に向けて補強を開始。

日本代表FWの大迫勇也が所属するケルンは20日、1月の移籍市場に向けて、シュトゥットガルトからFWシモン・テロッデ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとなる。

ケルンは先日のブンデスリーガ第17節ヴォルフスブルク戦に1-0で勝利を収め、ようやくリーグ戦初白星を挙げた。依然として最下位に沈む同クラブだが、2部降格が濃厚と見られる中、補強に乗り出した。

ケルンが確保したのは、昨季2部で25ゴールをマークし、シュトゥットガルトの昇格に大きく貢献したテロッデ。今シーズン、1部ではその決定力を発揮できず、出場機会を失いつつあった。また2009年から2年間ケルンの2軍に所属していた同選手は、古巣に復帰する格好だ。

テロッデはケルンの公式ウェブサイトを通じて「素晴らしい2年間を過ごしたケルンに戻ることをとても喜んでいる。ケルンではプロキャリアをスタートし、(本拠地の)ライン・エネルギー・シュターディオンでプレーする特別な気持ちを知っている」とコメントしている。「もちろん、後半戦に僕たちを待っているタスクはとてもタフになるだろう。だが、僕たちは残留を目指し、すべてを出し切って見せるつもりだ」と意気込みを示した。

なお、テロッデの背番号は「9」に決定した。現在肺炎で離脱中の大迫だが、年明けからポジションを争うことになるかもしれない。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
7月の最終金曜日は味スタへ!FC東京vs長崎戦の観戦チケットをペア5組様にプレゼント!
次の記事:
アイスランド指揮官が辞任…EURO躍進、W杯初出場の快挙
次の記事:
「フランスはフットボールをしなかった」「僕らの方が良かったから失望」クロアチア代表DFロヴレンが嘆く
次の記事:
槙野智章が伊誌のW杯髪形イケメンベスト5に選出「エレガントな東洋のDF」
次の記事:
カンテ交代の本当の理由か…病気を抱えて出場していたと仏紙
閉じる