大迫勇也、終盤の時間稼ぎについて「ベスト16を考えての選択」

コメント
日本代表は28日、ロシア・ワールドカップグループH第3節でポーランド代表と対戦し、0-1で敗れるも2位でグループリーグを突破した。

日本代表は28日、ロシア・ワールドカップグループH第3節でポーランド代表と対戦し、0-1で敗れるも2位でグループリーグを突破した。試合後、FW大迫勇也がフラッシュインタビューに応じた。

セネガル戦から先発6選手を変更した日本は、32分には相手に決定的なシュートを放たれるも、川島がスーパーセーブで失点を阻止。0-0で迎えた後半、日本は59分にヤン・ベドレナクに決められて先行を許すと、そのまま敗戦。それでも、他会場でコロンビアがセネガルに1-0で勝利。得失点と総得点でも並んだセネガルと2位争いになった結果、フェアプレーポイント(警告数)で上回り、グループステージ突破を決めた。

この試合、ベンチスタートから47分に途中出場した大迫は試合後、「西野監督は23人全員でという考えだったと思います」と話し、0-1でリードされている状況ながら他会場の結果を踏まえて時間を消費する戦い方を見せたチームについて以下のように言及した。

「ベスト16を考えての今日の選択だったと思います。0-1になってから、ベンチからそのままでということを言われたので、チームとして切り替えることができました」

日本は、7月2日に行われる決勝トーナメント1回戦で、グループGのイングランドかベルギーと対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
3年前にイグアインと自撮りのミラン20歳FW、同僚になり感激「彼を観察している」
次の記事:
「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較
次の記事:
ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」
次の記事:
ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発
次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
閉じる