大迫勇也に実戦復帰の可能性…ケルン指揮官「力が戻って来ている印象」

シェア閉じる コメント
大迫が後期開幕戦に間に合う可能性が出てきている。

ケルンの日本代表FW大迫勇也が、ブンデスリーガ後半戦開幕戦で出場できる可能性が出てきたようだ。ドイツ『ksta』が報じた。

肺炎から回復したばかりで、ボルシア・メンヒェングラッドバッハとのダービー戦では欠場する可能性が高いと見られていた大迫。しかし、ここにきてシュテファン・ルーテンベック監督は「大迫には力が戻って来ている印象がある。練習でも良い成果を見せている」とコメントし、クラウディオ・ピサーロとともに“ジョーカー”候補に挙がっているようだ。なお、大迫は昨年12月に行われたヨーロッパリーグ、レッドスター戦以来実戦から遠ざかっている。

ブンデスリーガでは勝ち点6で最下位に沈むケルンにとって大迫が復帰すれば、大きな力になることは間違いない。今季リーグ戦の2勝目を後期開幕戦で幸先よくあげることはできるだろうか。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ペップ、教え子サネのドイツ代表落選にも文句なし「レーブの決断を尊重する」
次の記事:
トッティ氏、ドイツW杯決勝前夜を回想「眠れずに朝6時までカードゲームで遊んだ」
次の記事:
チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か
次の記事:
ポルトが中島翔哉獲得に向けて動く…地元メディア「S・コンセイソン監督の手中に」
次の記事:
日本代表DF遠藤航、ベルギー1部クラブ移籍へ基本合意…関根や冨安と同僚へ
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する