大勝に満足のコンテ監督…選手への信頼も強調「アスピリクエタは世界最高」

シェア閉じる コメント
チェルシーを率いるイタリア人指揮官は、圧勝したチームに満足感を示した。

チェルシーは、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節でカラバフに6-0と大勝を収めた。アントニオ・コンテ監督は、見事なスタートを切ったことを喜んでいる。

欧州最高峰の舞台に戻ってきたチェルシーは、本拠地スタンフォード・ブリッジで圧巻のゴールラッシュを披露。5分のFWペドロ・ロドリゲスのゴールをきっかけに、新加入DFダヴィデ・ザッパコスタのスーパーゴールなど大量6得点を挙げ、アゼルバイジャンの雄を一蹴した。

48歳のイタリア人指揮官は完璧なスタートと胸を張り、選手を称賛している。

「完璧なスタートだったと思うね。CLの初戦で良い結果を出せたことは良いことだ。多くの得点を奪い、クリーンシートで試合を終えることができた。今夜はポジティブな面がたくさん見られたね。これを続ける必要があるよ。明日は休養して、次のタフなアーセナル戦について考えるよ」

「(セサル・)アスピリクエタは世界最高のセンターバックだ。ボールを持っている時も持っていない時でも良いプレーをしている。いつでもポジティブだし、素晴らしい男だ。監督にとって彼をチームに抱えるのは夢のようだね」

この試合ではDFダヴィド・ルイスやFWアルバロ・モラタを温存したコンテ監督。チーム内には良い競争を生み出さなければならないと語っている。

「今日はミチー(・バチュアイ)と(アンドレアス・)クリステンセンにチャンスを与えたかった。CLでプレーするということは、監督の信頼を示している。全選手を信頼しているよ。言葉だけではなく、事実を伴ってね」 

「CL初戦ではローテーションを採用することに決めていた。昨季たったの13人でシーズンを戦ったことは、考えてみればクレイジーだね。だから、我々は選手全員を成長させ、良い競争を生み出す必要がある。それはとても重要なことだからね」

次の記事:
アトレティコ、D・コスタ獲得を決定的に!移籍金71億円提示で決着か
次の記事:
C・ロナウドがリーガに復帰も…早すぎるバルサにタイトルを明け渡す危険性
次の記事:
【原博実の超現場日記/第8回】ポポヴィッチさんと町田へ…雨中で試合観戦のサポーターに感謝
次の記事:
バイエルンでついに発揮されたハメスの真価…集めた称賛と見えた課題
次の記事:
「ナカムラのFKは強烈だった」セルティックMFマクレガーが憧れの存在に言及
閉じる