大一番でハットトリックのメッシ、「アルゼンチンは本大会出場に値した」

シェア閉じる コメント
アルゼンチン代表はペルー代表を3-1で下し3位に滑り込んでロシア行きの切符を手にした

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向け、アルゼンチン全体が団結する必要があると説いている。

ロシアW杯南米予選で、最終戦を残して6位と本大会出場を危機的な状況としていたアルゼンチン。だが敵地キトのペルー戦でメッシがハットトリックの活躍を見せ、1点ビハインドの試合をひっくり返して3-1で勝利を収め、3位に滑り込んでロシア行きの切符を手にした。

アルゼンチンの救世主となったメッシは、大一番を次のように振り返っている。

「すべてが完璧だった。今回の南米予選の戦いぶりから、アルゼンチンがW杯に行けないなんて、ふさわしくなかった。このチームは、本大会出場に値した」

広告

「僕たちは(開始早々の失点で)ビハインドを負って、余計に難しくしてしまった。キトでのこれまでの試合を見れば、簡単な試合にはならないと思っていた。幸運にも、最終的に良い結果を残せた」

W杯本選に向けては、サポーターを含め全員がまとまる必要性を主張した。

「一致団結することが何よりも大事になると思う。アルゼンチン代表が最高の結果を手にするために、だ。全員で協力し合えれば、すべてが順調に進むはずだよ」

次の記事:
「このままじゃ残留争い」武藤嘉紀が募らせた危機感と厳しすぎるマインツの状況とは?
次の記事:
ハダースフィールド指揮官、マンチェスター・U戦の勝利に「キャリアで最も誇れる瞬間」
次の記事:
鹿島DF昌子源、味方のミスから失点も「誰かのせいにすることは無意味」…サポーターとの結束を訴える
次の記事:
本田圭佑が先発出場でポスト直撃FK…パチューカは4試合ぶりの勝利/リーガMX第14節
次の記事:
モウリーニョ「選手は会見で低調だった理由を説明すべき」...今季初黒星に不満爆発
閉じる