吉田麻也が英紙主催のセインツ年間最優秀選手投票で2位…飛躍の一年の証明に

シェア閉じる コメント
吉田がサウサンプトンの守備陣で中心的な役割を果たしている。ファンによる最優秀選手投票で2位にランクインを果たした。

サウサンプトンに所属する吉田麻也が、地元紙の行っているシーズン最優秀選手投票で2位となった。

吉田は2016-17シーズン公式戦36試合に出場して2ゴールを記録。過去16試合連続でフル出場を果たしている。

地元紙『デイリー・エコー』では、1973-74シーズンから、年間最優秀選手賞のファン投票を実施している。ノミネートされるためには15試合以上の出場が必要とされるが、吉田も資格を有しており、2016-17シーズンの候補者に入っていた。

MVPに選出されたのは、リーグ戦でチーム最長出場時間を誇るMFオリオル・ロメウ。65%という圧倒的な得票率を誇った。吉田は11%の得票率を記録。同じく11%を集めたビルヒル・ファン・ダイクと2位を分け合い、「吉田は今季セインツで成長を遂げた。ジョゼ・フォンテの移籍とファン・ダイクの長期離脱の後、センターバックの頼みの綱となった」と、今季のプレーを評された。

サウサンプトンは21日、プレミアリーグ第38節でストーク・シティと対戦する。吉田には飛躍のシーズンを良い形で締めくくる活躍が期待される。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ナポリのスクデット獲得にかける夢…マラドーナの後継者は11人の英雄たち?
次の記事:
引退&退団騒動のカッサーノは家でゴロゴロ…妻から苦情も「俺はサッカーをやめてない」
次の記事:
長谷部誠、香川真司の功績を評価「彼が活躍したことで多くの日本人がドイツでプレーできている」
次の記事:
伊藤達哉、キャリア4試合目でバイエルン戦へ…ハンブルガーSV監督は再び起用法に言及
次の記事:
槙野智章が守ったハリルの教え3カ条…アジアの舞台で躍動し“最後の挑戦”へ
閉じる