原口元気が考えるベルギー戦勝利の方程式…ポイントは守備

シェア閉じる コメント
守備から攻撃への切り替えでベルギーを攻略したいと話す原口。プラン通りはめられるか。

日本代表FW原口元気は、14日に控えるベルギー戦について攻撃よりも守備が重要なポイントになると語った。

原口はここまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督が進めてきた「縦に速いサッカー」については「意識はできてきたし、自然に身体が動く」と話す。一方で、守備に関しては難しさも口にする。

「今回相手のシステムも違うし、うまくコミュニケーション取りながらやらないと、相手のはがす能力も高いので、うまくいかないかなと思います。そこはこの2日間でしっかりやってきたし、試合中もコミュニケーション取りながら。そこがポイントかなと思います」

それでも、原口は「うまくボールを取れるように準備をしてきたつもり」と自信をのぞかせる。どのようなイメージでベルギーを倒すかはしっかりとイメージできているようだ。

「どれだけ粘れるかっていうのは常にポイントにしているし、攻撃力は本当にあると思うので、しっかりやってきた準備を出して、ゼロで行きながら僕らのカウンターで狙っていくような形が出せたらいいかなと思います」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
「日本はアジアのお手本」W杯16強の要因は欧州組の経験…北米メディアが考察
次の記事:
ロシアW杯でのアジア各国の戦いを総括…日本の戦いぶりにチェコメディアも高評価
次の記事:
ニューカッスルが武藤嘉紀に関心…ベニテス監督の契約延長次第で進展も?
次の記事:
本田圭佑とウィル・スミスが強力タッグ!ベンチャーファンドを設立…投資を始めた経緯とは?
次の記事:
英紙がW杯で活躍のトップ50選手を発表…1位はMVPモドリッチ、乾貴士が23位にランクイン
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する