【動画】PSG、昇格組を相手にまさかの今季初黒星も…パストーレら選手たちは前向き

シェア閉じる コメント
パリ・サンジェルマンがストラスブールを相手にまさかの黒星を喫している。

パリ・サンジェルマン(PSG)が今シーズン初黒星を喫したものの、選手たちはポジティブな反応を見せている。

PSGは2日、リーグ・アン第16節でストラスブールと対戦。ここまでリーグ戦で負けを知らないだけでなく、チャンピオンズリーグでも無敗と、好調をキープするPSGは、今季昇格を果たしたストラスブールのホームへと乗り込んだ。

先制したのはストラスブール。FKからヌノ・ダ・コスタがヘディングで合わせて、格上のPSGから先制点を奪う。その後、ペースはPSGへと傾き、何とか耐えしのぐストラスブールだったが、42分についにスコアはタイに戻る。

左サイドからアドリアン・ラビオのクロスに、キリアン・ムバッペが合わせて、ネットを揺らす。

後半に入ってもPSGのチャンスが続くが、ストラスブールがワンチャンスを活かす。65分、キーパーのパントキックをダ・コスタがフリックすると、ステファネ・バホケンがゴール右から豪快にニアを抜き、勝ち越し点を手にする。

アディショナルタイム9分を乗り越えたストラスブールが2-1で逃げ切り、金星を獲得している。

ハビエル・パストーレは試合後、相手のパフォーマンスが秀でていたことを認める。

「彼らは非常に良い守備を見せていた。負けたのはアクシデントではなく、彼らが良かったんだ。彼らは2つのチャンスを活かし、僕らは多くのチャンスがあったが、生かせなかった。ミュンヘンへ向けてベストな試合ではなかったけど、この敗戦から学ぶよ」

ブラジル代表DFマルキーニョスも同様に敗戦にも前向きな反応を見せた。

「僕らにとっては良いレッスンになった。守備も攻撃も良くなかったし、相手は2つのチャンスを生かした。彼らはよく組織されていたね。でも僕らはまだ首位だし、前向きにならないといけない」

▶リーグ・アンを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
C・ロナウド不在のレアル・マドリー、3発でレガネス撃破…バレンシア抜いて3位浮上/リーガ第16節延期分
次の記事:
バルサが敵地の第1戦を1-1で終えた場合...84%の確率でラウンド突破
次の記事:
監督交代で復活したバイエルン...ハインケス政権で22勝1分け1敗
次の記事:
まさに「得点製造機」...バルサの86得点中42得点に関与しているメッシ
次の記事:
ディ・フランチェスコ、ウンデルを称賛しながら「彼が一人でプレーするわけじゃない」
閉じる