【動画】C大阪MFソウザの“超絶”スーパーミドルが選出!【J1月間ベストゴール:2・3月】

シェア閉じる コメント
Jリーグは17日、2・3月度の「月間ベストゴール」を発表。受賞ゴールは3月10日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の柏vsC大阪で、60分にソウザ(C大阪)が決めたゴールとなった。

Jリーグは17日、2・3月度の「月間ベストゴール」を発表。受賞ゴールは、3月10日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節の柏レイソルvsセレッソ大阪で、ソウザ(C大阪)が決めたゴールが選ばれた。

■タイミング・スピード・軌道、どれをとってもパーフェクトな強烈ミドル

約35メートルの距離から放たれた一撃は、柏GK中村航輔も逆に動いてしまうほど軌道が大きく変化。まさにワールドクラスのゴラッソだった。

Jリーグ選考委員会はソウザのゴールについて「自らのインターセプトでボールを奪い、迷いなく右足を振りぬき豪快にネットに突き刺した一撃。長い距離から決めたことはもちろん、ボールを奪ってからシュートまでの判断が早く、常にゴールを狙っているという気迫が感じられたプレーに注目が集まった。アウト気味に回転をかけ、日本代表GK中村の逆をついたボールの軌道もインパクト大。アウェイで1点ビハインドからの鮮烈な同点弾が高く評価され、文句なしの受賞となった」と評価している。

受賞したソウザは「月間ベストゴールに選んでくれてありがとうございます。チームの為、毎試合全力を尽くして頑張っていますが、その中で、素晴らしいゴールを決められて、チームに貢献できた事を嬉しく思っております。また選ばれるようにチームと共に頑張りたいと思います」とコメントした。

受賞したソウザのゴールは、年間で最も優れたゴールに与えられる「年間最優秀ゴール賞」候補にノミネートされる。「年間最優秀ゴール賞」は2018Jリーグアウォーズで発表となる。

次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
次の記事:
17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェスト・ハム移籍の理由とは?
次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する