【動画】長谷部、フル出場で安定感溢れるプレーを披露…フランクフルトはドロー/ブンデスリーガ第18節

シェア閉じる コメント
ホームのフランクフルトが押し込みながら、ドロー決着。

■ブンデスリーガ第18節フランクフルト 1-1 フライブルク

フランクフルト:ハラー(28分)

フライブルク:コッホ(51分)

ブンデスリーガ第18節が13日に行われ、フランクフルトとフライブルクが対戦した。長谷部誠はキャプテンマークを巻き、最終ラインで先発出場した。

試合を先に動かしたのはフランクフルト。最終ラインからのフィードに抜け出したティモシー・チャンドラーが折り返すと、最後はセバスティアン・ハラーが押し込み、先制に成功する。

長谷部は最終ラインでつなぎの起点となりながら、カウンターの芽を摘むなど、安定したプレーぶりでチームに貢献していく。

前半を1点リードで終えたフランクフルトだが、後半開始早々コーナーキックからフライブルクが1点を返す。ロビン・コッホがヘディングで合わせて、試合をタイに戻した。

しかし、ここから試合は膠着状態に。ホームのフランクフルトがやや押し込むものの、ラストパスの精度を欠き、決定的なシュートを放つまでには至らない。結局そのまま1-1で、勝ち点1を分け合う結果となった。なお、長谷部はフル出場を果たしている。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
準優勝も胸を張るクロアチア主将モドリッチ「誇りに思うよ。すべての人に感謝したい」
次の記事:
“王様”ペレ氏が現役復帰!?ムバッペの自身と同じ偉業に「私もスパイクを磨かないと」
次の記事:
アルゼンチン代表、サンパオリとの契約を解除…後任候補にはシメオネやポチェッティーノの名
次の記事:
2022年カタールW杯へ向け…FIFA会長が最高委員会と会談「誰でも親しみやすい大会になる」
次の記事:
ポグバ、フランス20年ぶりW杯制覇に感極まる「改めて感謝したい。言葉がないよ」
閉じる