【動画】長谷部、フル出場で安定感溢れるプレーを披露…フランクフルトはドロー/ブンデスリーガ第18節

シェア閉じる コメント
ホームのフランクフルトが押し込みながら、ドロー決着。

■ブンデスリーガ第18節フランクフルト 1-1 フライブルク

フランクフルト:ハラー(28分)

フライブルク:コッホ(51分)

ブンデスリーガ第18節が13日に行われ、フランクフルトとフライブルクが対戦した。長谷部誠はキャプテンマークを巻き、最終ラインで先発出場した。

試合を先に動かしたのはフランクフルト。最終ラインからのフィードに抜け出したティモシー・チャンドラーが折り返すと、最後はセバスティアン・ハラーが押し込み、先制に成功する。

長谷部は最終ラインでつなぎの起点となりながら、カウンターの芽を摘むなど、安定したプレーぶりでチームに貢献していく。

前半を1点リードで終えたフランクフルトだが、後半開始早々コーナーキックからフライブルクが1点を返す。ロビン・コッホがヘディングで合わせて、試合をタイに戻した。

しかし、ここから試合は膠着状態に。ホームのフランクフルトがやや押し込むものの、ラストパスの精度を欠き、決定的なシュートを放つまでには至らない。結局そのまま1-1で、勝ち点1を分け合う結果となった。なお、長谷部はフル出場を果たしている。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
【独占】ドナドーニ氏、日本代表新監督について「挑戦できれば幸せ」「快く受けたい」/インタビューVol.3
次の記事:
『逆襲』掲げる王者・川崎Fに立ちはだかる2つの試練と連覇への道筋
次の記事:
FC東京、32歳DF丹羽大輝を広島から完全移籍で獲得「このチームに全てささげたい」
次の記事:
伊メディアがロシアW杯を採点「日本は大会のサプライズ。勇気と組織力に及第点」
次の記事:
レスター地元紙が岡崎慎司のW杯を総評…中でもセネガル戦の働きを絶賛「これが我々のシンジだ」
閉じる