【動画】「ラインを越えたにもかかわらず…」バルセロナ指揮官、主審の判定に不満

シェア閉じる コメント
バレンシア戦のパフォーマンスに満足も、判定に不満。

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、バレンシア戦についてコメント。問題のシーンは「明らかだった」と、判定に不満を示している。

バルセロナは、26日リーガ・エスパニョーラ第13節でバレンシアと敵地で対戦。試合はホームのバレンシアが先制するも、終盤にバルセロナが同点に追いつき、注目の首位攻防戦は1-1の痛み分けに終わっている。

バルベルデ監督は、チームのパフォーマンスに一定の満足感を示している。

「勝ち点3を持ち帰りたかったが、今日のパフォーマンスには満足している。彼らのゴールは私たちに精神的なダメージを与えた。しかし、チームは試合を通じて勇敢だったね。私たちは同点に追いつき、2点目を決める可能性もあった。重圧がかかった試合だったし、勝ち点1で良しとしよう」

また、前半にはリオネル・メッシのシュートが相手GKの手を弾き、ゴールラインを割ったように見えたが、得点が認められない場面もあった。指揮官は、審判の判定に不満を示している。

「メッシのゴールは明らかなものだ。その後、彼らのゴールにつながるチャンスを許してしまった。重要なのは、試合で生じる緊張をコントロールすることだ。私たちは手強いチームを相手に、集中を乱さなかった」

「ボールがラインを越えたにもかかわらず、確認されていない…。私たちには、まだこういうことが起こるんだ。本当に明白なものだった」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
CLセビージャ戦で好セーブ連発…デ・ヘアが明かす試合を決定づけた"瞬間"とは?
次の記事:
Jリーグ経由ロシアW杯行きへ…名古屋の“新エース”ジョーが抱く野望【J1注目選手:名古屋グランパス】
次の記事:
誇るべき“日本らしさ”…Jリーグとも縁の深い伊記者が提言することとは?【開幕特集】
次の記事:
武器は“反骨心”と“スペシャルな右足”…J3から這い上がった男・馬渡和彰【J1注目選手:サンフレッチェ広島編】
次の記事:
駒井義成が語る恩師との絆…札幌移籍の理由と躍進への決意【J1注目選手:北海道コンサドーレ札幌編】
閉じる