【動画】「ラインを越えたにもかかわらず…」バルセロナ指揮官、主審の判定に不満

シェア閉じる コメント
バレンシア戦のパフォーマンスに満足も、判定に不満。

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、バレンシア戦についてコメント。問題のシーンは「明らかだった」と、判定に不満を示している。

バルセロナは、26日リーガ・エスパニョーラ第13節でバレンシアと敵地で対戦。試合はホームのバレンシアが先制するも、終盤にバルセロナが同点に追いつき、注目の首位攻防戦は1-1の痛み分けに終わっている。

バルベルデ監督は、チームのパフォーマンスに一定の満足感を示している。

「勝ち点3を持ち帰りたかったが、今日のパフォーマンスには満足している。彼らのゴールは私たちに精神的なダメージを与えた。しかし、チームは試合を通じて勇敢だったね。私たちは同点に追いつき、2点目を決める可能性もあった。重圧がかかった試合だったし、勝ち点1で良しとしよう」

また、前半にはリオネル・メッシのシュートが相手GKの手を弾き、ゴールラインを割ったように見えたが、得点が認められない場面もあった。指揮官は、審判の判定に不満を示している。

「メッシのゴールは明らかなものだ。その後、彼らのゴールにつながるチャンスを許してしまった。重要なのは、試合で生じる緊張をコントロールすることだ。私たちは手強いチームを相手に、集中を乱さなかった」

「ボールがラインを越えたにもかかわらず、確認されていない…。私たちには、まだこういうことが起こるんだ。本当に明白なものだった」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
コバチッチがロペテギにレアル退団を直訴…移籍先候補はシティ、バイエルン、ユーヴェ、ユナイテッド、リヴァプール
次の記事:
エジルが代表を引退!独サッカー連盟の会長を猛批判「勝てばドイツ人だが負ければ移民」
次の記事:
バルセロナが放出検討のミナ「もし望まれない存在なら最高の移籍先を探す」
次の記事:
『君の瞳に恋してる』チャント歌われたF・トーレス、スペインメディア「日本は彼の応援方法を知っている」
次の記事:
JデビューのF・トーレス「来週ゴールを決められるように」…激しい練習で調子を上げる
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する