前回王者ドイツ、ロシアW杯へ予備登録メンバー発表…ロイスがついに初の大舞台へ

コメント
ドイツ代表のロシアW杯予備登録メンバーが発表された。

ドイツ代表が15日、ロシア・ワールドカップへ臨む予備登録メンバー27名を発表した。

負傷離脱が長引き、今季はリーグ戦3試合の出場にとどまった主将で守護神のマヌエル・ノイアーはメンバー入り。バイエルン・ミュンヘンでのシーズン最終戦、DFBポカール決勝での実戦復帰を目指す。

また、トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロースといった前回ワールドカップ優勝を経験した主力選手たちも順当に選出された。

バイエルン・ミュンヘンのセンターバックコンビであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスはともにシーズン終盤で負傷したものの、ともにメンバー入り。ロシア・ワールドカップ開幕には間に合うと判断されたようだ。

度重なるケガで前回のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016と欠場を余儀なくされてきたマルコ・ロイスも予備登録に名を連ねた。

グループFのドイツはワールドカップ初戦で、6月17日にメキシコと対戦する。

発表されたメンバーは以下のとおり。

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

DF
ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)

MF/FW
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
サミ・ケディラ(ユヴェントス)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
メスト・エジル(アーセナル)
ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

(※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ザルツブルク、敵地でライプツィヒとの“レッドブル対決”を制す…南野拓実は途中出場
次の記事:
「私なら両選手に警告を出す」元PLレフェリーのクラッテンバーグ氏、C・ロナウド退場の場面を解説
次の記事:
EL初戦の勝利を喜ぶものの…サッリが1Gのみに不満「喜べない。試合を終わらせるべきだった」
次の記事:
ベティス、敵地でオリンピアコスとスコアレスドロー…乾貴士は83分から途中出場
次の記事:
無観客試合のマルセイユ、ELで数的優位もフランクフルトに逆転負け…長谷部誠フル出場
閉じる