元イングランド代表DFが44歳の若さで急死…練習場で心臓発作

シェア閉じる コメント
元イングランド代表DFエヒオグが心臓発作で倒れ急死。悲しみが広がっている。

元イングランド代表DFで、トッテナムのU-23チームでコーチを務めていたウーゴ・エヒオグが21日、死去した。44歳だった。

トッテナムの発表によると、エヒオグは20日、トッテナムの練習場で倒れた。その後、病院に搬送されたが、治療の甲斐なく、金曜日の朝に亡くなったという。死因は心臓発作。

トッテナムのジョン・マクダーモット氏は「この悲しみとショックを表すことはできません。クラブの全員がそう感じています。偉大なウーゴの存在は、何にも置き換えることができないでしょう。心からお悔やみ申し上げます」とコメントするとともに、哀悼の意を表明している。

エヒオグはウェスト・ブロムウィッチでキャリアをスタートさせると、アストン・ヴィラやミドルスブラで長年に渡り活躍。イングランド代表にも選出された実績を持つ。引退後は指導者としてキャリアを歩んでいたが、突然過ぎる悲報に悲しみが広がっている。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
川島永嗣が一発退場…メスは昨季王者モナコ相手にリーグ6試合ぶりの敗戦
次の記事:
レアル・マドリーついに復活か!?ベイル、C・ロナウドのドブレテなどでデポルに7発大勝!/リーガ第20節
次の記事:
バイエルン、“お得意様”に苦戦も白星…レヴァンドフスキが頭で2発/ブンデスリーガ第19節
次の記事:
フローニンゲン堂安律が2戦連発弾…豪快な左足ミドルでニアに一撃
次の記事:
リーガで首位独走のバルサ…だがバルベルデはコパを考えず「最優先はリーグ戦」
閉じる