伊メディアが長友佑都を「スソに勝ち期待に応えた」と称賛…守備力を評価

シェア閉じる コメント
イタリアメディアがミラノダービーでミランのFWスソとのデュエルを制したDF長友佑都を称えた。

15日のセリエA第32節インテル対ミラン戦(2-2)に出場した日本代表のDF長友佑都について17日、イタリアメディア『FCInternews.it』は「長友はテストに合格した」と高く評価している。

本田圭佑の所属するミランとのミラノダービーの一戦で長友は1月28日のペスカーラ戦(3-0でインテルが勝利)以来、10試合ぶりの先発出場を果たした。その後の出場は3月5日のカリアリ戦(5-1でインテルが勝利)の3分間にとどまっており、「スターティングメンバーの11人に彼の名前を見て、疑問に思った人は多いだろう」と、インテルの指揮官ステファノ・ピオリの采配がサプライズであったことを伝えている。

だがその心配は杞憂に終わった。11月に行われた前半戦のミラノダービー(2-2)ではDFクリスティアン・アンサルディがFWスソを止めることができず、ミランに有利な試合展開を許した。このため長友にはスソ対策としての守備能力を期待されていた。

「ユート・ナガトモは期待を裏切らなかった。前回アンサルディを苦しめ、2度もミランにリードされる展開を作ったスソに自由なプレーを許さなかった」と評価されているように、長友はピオリから与えられた役割をしっかり果たした。また「スペイン選手はかなり手を焼き、1対1のデュエルでは日本選手が9回勝利し、大多数の勝負を制した」と長友の対人プレーの強さを称えている。

次の記事:
横浜FCのDF永田拓也が右膝後十字靭帯損傷により全治4カ月…今季24試合に出場し1得点
次の記事:
好守連発、両エースを差し置いて主役となった守護神ロリス&K・ナバス
次の記事:
広島DF千葉和彦に第1子誕生…東海大相模高DF山口竜弥が来季よりG大阪へ加入/Jリーグニュースまとめ
次の記事:
直近8試合で15得点...CLで驚異の決定力を示しているC・ロナウド
次の記事:
S・モスクワに屈辱的な敗戦を喫したセビージャ、欧州の舞台で59年ぶりの大敗
閉じる