代表100試合目で主将の長友佑都「本気じゃないでしょ」王国ブラジルの底力に驚愕

シェア閉じる コメント
日本vsブラジルの一戦でキャプテンを担当した長友佑都が試合を振り返った。普段、セリエAでプレーしている長友から見ても、ブラジルの底力はまだ知れないようだ。

10日、日本代表はブラジルと対戦し、1-3で敗れた。この試合でキャプテンを任された長友佑都が、試合後に内容を振り返った。

試合開始早々にブラジルにPKが与えられたことについて「もうしょうがないので。審判のジャッジを覆すことはできないし、受け入れないといけないですけどね。でも、動揺したり、チームとして不安が出てくると、やはりズルズルと下がるサッカーになるので、そこは精神的な部分で課題は出たと思います」と語り、開始早々から追う展開になり、メンタル面でも影響があったと明かしている。

その一方で、前半で3点のビハインドとなったが「ただ、良い部分もありますよ、後半に立て直すことができた」と続けた。

「チーム全体として恐れずに前から守備にいけたというのが要因、そこが一番変わったところだと思います。ちょっと前半は、相手をリスペクトする気持ちもあったり、相手のスピード感にみんなが慣れてなくてズルズルと下げてしまった。でも、後半はもう一回、恐れるものもないし、失うものもないので、前からいこうというところで修正すれば、なかなかブラジルもつなぐのが難しかったんじゃないかな。あのブラジルが(ロングボールを)蹴ってきていたり、センターバックも苦労しているのが見えたので、良い守備ができていたんじゃないかなと思います」

また、自身が代表100試合の節目でキャプテンを任されたことについては、「(長谷部誠がいるので)僕はキャプテンじゃないですけど、監督が100試合というところで「今日は佑都に任せる」とミーティングで言われたので。代表のキャプテンは長谷部さんですし、僕自身はキャプテンなんて思っていないです。自分のやることを、チームのために貢献するということだけを考えています。キャプテンマークを巻こうが、それは一緒です」と述べている。

ただ、その一方で日本代表の現在の強さについては、「(日本代表の)現在地ですか? んー……。難しいですね、それ。だって……ブラジル、まだ本気じゃないでしょ」と底知れないブラジルのポテンシャルを認めている。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
エヴァートンが64億円でワトフォードFW獲得に前進…23日にメディカルチェックへ
次の記事:
「22億円ならバーゲン」退団濃厚のウェルベック、争奪戦に発展か…アーセナルOBが予想
次の記事:
チェルシー行きのうわさが浮上、シュマイケルをデンマーク指揮官が絶賛「世界で3本の指に入るGK」
次の記事:
5月にファンから襲撃されたドスト、主力退団続出もスポルティングとの契約延長を決断「大切な居場所」
次の記事:
ミニョレ代理人がリヴァプール退団を示唆「数日中に決まる」…新天地候補にはバルサが急浮上
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する