代表戦で久々に得点したグリエズマンだが...中断期間後直近4試合で無得点

シェア閉じる コメント
リーガエスパニョーラ第12節でレアル・マドリーと激突するアトレティコ

代表戦で久しぶりに得点を挙げたアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンだが、それはダービーでのゴールを確約するものではないようだ。

9月27日のチャンピオンズリーグ・グループC第2節チェルシー戦(1-2)以降、アトレティコで無得点が続いているグリエズマン。だがフランス代表では、今月10日に行われた国際親善試合ウェールズ戦(2-0)で得点を記録している。

以前であれば、これは吉兆と言えた。グリエズマンはインターナショナルウィーク直後の10試合で9得点をマークしていたからだ。

広告

だがインターナショナルウィーク後の直近4試合に限ると、グリエズマンはすべてノーゴールに終わっている。今回のインターナショナルウィーク後には、18日のリーガエスパニョーラ第12節で本拠地ワンダ・メトロポリターノにレアル・マドリーを迎える。

グリエズマンは過去レアル・マドリーとのダービーマッチで、通算4得点を記録している。ダービーとの相性は悪くない。アトレティコで7試合無得点が続いているグリエズマンだが、ビッグマッチで再び得点して名誉を挽回したいところだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョ、ポルトガル国籍取得と報道
次の記事:
バイエルン、フランス代表DFパヴァール獲得間近か…ロシアW杯優勝に大きく貢献
次の記事:
豪メディアが本田圭佑のAリーグ加入に期待「決まればデル・ピエロ以来のビッグネーム」
次の記事:
ネイマール、自らの口でPSG残留宣言…ロシアW杯での失望も語る
次の記事:
日本代表、次期監督大本命はやはりヴェンゲルか…英紙「日本のトップターゲット」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する