代表戦で久々に得点したグリエズマンだが...中断期間後直近4試合で無得点

シェア閉じる コメント
リーガエスパニョーラ第12節でレアル・マドリーと激突するアトレティコ

代表戦で久しぶりに得点を挙げたアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンだが、それはダービーでのゴールを確約するものではないようだ。

9月27日のチャンピオンズリーグ・グループC第2節チェルシー戦(1-2)以降、アトレティコで無得点が続いているグリエズマン。だがフランス代表では、今月10日に行われた国際親善試合ウェールズ戦(2-0)で得点を記録している。

以前であれば、これは吉兆と言えた。グリエズマンはインターナショナルウィーク直後の10試合で9得点をマークしていたからだ。

広告

だがインターナショナルウィーク後の直近4試合に限ると、グリエズマンはすべてノーゴールに終わっている。今回のインターナショナルウィーク後には、18日のリーガエスパニョーラ第12節で本拠地ワンダ・メトロポリターノにレアル・マドリーを迎える。

グリエズマンは過去レアル・マドリーとのダービーマッチで、通算4得点を記録している。ダービーとの相性は悪くない。アトレティコで7試合無得点が続いているグリエズマンだが、ビッグマッチで再び得点して名誉を挽回したいところだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
C・ロナウドが狙うのは「7人の子供と同じ数のバロンドール」…スロースタートも気にせず
次の記事:
香川真司が語るドルトムントへのクラブ愛…引退時期についても言及
次の記事:
モウリーニョ、マルシャルとラッシュフォード同時起用の難しさを指摘…苦戦の理由を分析
次の記事:
ケイン「トッテナムでキャリアを終えたい」レアル・マドリー移籍に興味なし
次の記事:
長友に代わって先発のDF、インテル勝利も最低評価「興味深い決断だった」
閉じる