今夏バルサが狙っていたI・マルティネス「ソシエダ残留に不満なんてあるはずない」

シェア閉じる コメント
契約解除金39億円が移籍の障害に

今夏バルセロナからの関心が取りざたされたレアル・ソシエダDFイニゴ・マルティネスだが、ソシエダに残留したことに後悔はなさそうだ。

この夏CB補強を検討していたバルセロナは、エルネスト・バルベルデ監督の要望で、I・マルティネス獲得に動いていた。しかし、契約解除金3000万ユーロ(約39億円)がネックとなり、結果的に取引成立には至らなかった。

I・マルティネスはバルセロナ移籍が失敗に終わった過去について、次のように話している。

広告

「多くのチームから電話があった。僕に関心を抱いている、ということだった。大衆は僕が移籍すると思っていたみたいだね。だけど、僕はラ・レアル(ソシエダの愛称)でプレーを続けている」

「バルサ移籍失敗への不満? まったくないよ。僕がラ・レアルで満足できていないのなら、フラストレーションを溜め込んだりしたかもしれない。でも、そうじゃない。僕は愛する心のクラブにいる。みんな僕に敬意を払ってくれて、家族がいて...。ラ・レアルでプレーできるのは本当に素晴らしいことなんだよ」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョ、ポルトガル国籍取得と報道
次の記事:
バイエルン、フランス代表DFパヴァール獲得間近か…ロシアW杯優勝に大きく貢献
次の記事:
豪メディアが本田圭佑のAリーグ加入に期待「決まればデル・ピエロ以来のビッグネーム」
次の記事:
ネイマール、自らの口でPSG残留宣言…ロシアW杯での失望も語る
次の記事:
日本代表、次期監督大本命はやはりヴェンゲルか…英紙「日本のトップターゲット」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する