井手口陽介、ブラジル戦完敗で世界との差を痛感…クリアミスで失点に「甘さが出た」

シェア閉じる コメント
ブラジルの強さを肌で感じた井手口。ポジティブに受け取っている面もあるという。

日本代表MF井手口陽介は、ブラジル戦を終えて世界との差を痛感したようだ。

日本は10日、ブラジルと親善試合で対戦。日本は開始早々に失点を許すなど3失点を喫し、1-3で完敗した。先発出場した井手口は「個人の能力としても、組織的なレベルの違いの差っていうのをすごく肌で感じられたので、そこはすごくよかったかなと思います」と前向きに振り返る。

中盤で行われた高いレベルの攻防の中で、井手口は何度か守備で存在感を発揮したが、手応えはないと話して「簡単に抜かれるシーンもあったし、ファウルで止めるシーンもあった」と反省気味。2失点目は自身のクリアミスから生まれたことについても「甘さが出た」と責任を感じているようだ。

後半はパフォーマンスの改善が見られたが、井手口が考える改善点とはどこだったのだろうか。

「やっぱ判断やと思います。ムリなときに行っても絶対取れないし、やっぱりみんなの考えが一緒になったときにできるようになれば、行くときと行かないときのメリハリはつくと思うし。そういったところをもっと上げていければいいと思います」

「生でやってもっと速いな」と語った井手口。ここまで急成長でスターダムの階段を上り続けているだけに、このブラジル戦が彼にとってどのような意味を持つのか楽しみに待ちたいところだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
アザール、自身の適正ポジションについて「セカンドトップは気に入っているけれど…」
次の記事:
ヴェンゲル、ELホームでまさかの敗戦に「独りよがりで集中できていなかった」
次の記事:
新体制初陣のFC東京、苦手の浦和克服なるか…16歳・久保建英の出場は?【プレビュー/J1開幕戦】
次の記事:
EL敗退のアタランタ指揮官「互角だったが、ドルトムントに勝つのは夢のようなもの」
次の記事:
「猿じゃなくて黒豹だったね」ELで人種差別を受けたバチュアイがSNSで“痛烈返答”
閉じる