井手口陽介がリーズから即スペインへレンタルされる理由…労働ビザ以外の理由も?

シェア閉じる コメント
リーズディレクターが説明。このタイミングでの獲得を決めた理由にも言及した。

リーズ・ユナイテッドのディレクターを務めるヴィクトル・オルタが、井手口陽介をレンタルへ出した理由を説明している。クラブ公式サイトが伝えた。

リーズは先日、ガンバ大阪から日本代表MF井手口を獲得。しかし、労働ビザが発給されない関係でスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへのレンタル移籍も同時に決定した。オルタディレクターは井手口獲得に至った理由をこのように説明する。

「彼はワールドカップでも戦えると信じていたし、彼の契約への思いは強かったので、このタイミングでの獲得を選んだ。我々にとって正しいタイミングで契約することは重要だ。もう半年待っていたらフランスやドイツのクラブがアプローチをかけてくる可能性があったからね」

また、やむなくスペインへレンタルで出された井手口だが、これはリーズにとっても悪くない話だとオルタ氏は考えているようだ。

「ヨウスケは日本でプレシーズンを過ごしており、我々はシーズンの中盤で戦っているところだ。それに我々はロナルド・ヴィエイラ、カルヴィン・フィリップス、マテウス・クリックといった選手がいいプレーを見せている。そのため、ワールドカップまでにヨウスケが出場機会を得るのは難しくなるかもしれない」

井手口自身のキャリアも考え、レンタルを決めたリーズ。大舞台を目指す井手口にとって最初の海外挑戦は悪くない道を歩んでいると言えそうだ。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する