乾貴士、欧州遠征連敗に危機感「イージーなミスが多すぎ。どうやったら勝てるかを考える」

シェア閉じる コメント
ブラジル、ベルギーに敗れて欧州遠征2連敗となった日本。2試合に途中出場した乾貴士はどのように考えているのだろうか。

日本代表FW乾貴士は、ベルギー戦を終えてチームに対して危機感を募らせている。

日本は14日、ベルギーと親善試合で対戦し、0-1で敗れた。乾は10日に行われたブラジル戦に引き続き、ベルギー戦でも途中出場。完敗に終わったブラジル戦よりは、可能性があったと話す。

「(守備で)はめることはある程度できたかなと思いますし、そのときに攻撃も生まれたので、そういうところはできました。続けるのは難しいですけど、それを長い時間続けることで、自分たちのチャンスが生まれるので、その完成度を高めて行きたいです」

しかし、結局強豪国2カ国との欧州遠征2連戦は連敗で終了。足りなかったことを問われると乾はこう語る。

「イージーなミスが多すぎますし、もっとつなげれば全然違う。簡単なミスさえしなければチャンスはあると思うし、技術的なミスはなくしていけるところなので、そういうところをしっかりやっていければ、もうちょっと攻撃ができますし、守備にもつながると思います」

「良い試合はしたという風に思う」と話しつつ、ワールドカップのグループステージ2試合と考えたときには勝ち点0で終わっていると指摘する乾。

「すごく厳しいと思いますけど、一人ひとりが考えながらやっていければ絶対に強くなれると思うので、良い試合ができたと満足せずに、そこでどうやったら勝てるかというのを考えていかないといけない」

普段は世界最高峰の舞台でプレーする乾だけに説得力のある言葉で、母国の仲間とともに成長を誓った。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
“エルドアン写真問題”で批判のエジルが声明を発表…「僕の胸には2つのハートがある」
次の記事:
Jデビューのイニエスタ「残念な結果になった」…次戦でのより良いプレーを確信とも
次の記事:
ついに神戸デビュー果たしたイニエスタ…スペインメディア「世界中が注目した」「パスが通らなかった」
次の記事:
J1通算2万1000ゴールを達成…メモリアルゴールを決めたのは?
次の記事:
磐田、新加入・大久保投入も実らずドロー…札幌はPK失敗が響く/J1第17節
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する