乾貴士をスペインメディアが特集「エイバルでサムライの響き」「契約延長は目前」

シェア閉じる コメント
エイバルと新契約締結へ

エイバルMF乾貴士は、スペイン移籍後最高のシーズンを送っていると言えるかもしれない。スペイン『マルカ』が伝えている。

『マルカ』は「イヌイ、エイバルでサムライの響き」と日本人MFを特集した。その特集では、次のように記載されている。

「乾はワールドカップに向け、日本代表の椅子を確保した。エイバルは彼の契約延長に向けて動いており、彼に対して最高級のサラリーを準備しているようだ」

「乾はこれまでも高いクオリティーを示してきた。しかしながらメンディリバル監督は、ファイナルサードでより多くを要求していた。いまだスペイン語を話さない乾だが、指揮官のメッセージは伝わったようだ。2017年が終わる直前の3試合で3得点を挙げ、勝ち点6獲得に貢献している」

「乾の契約は、あと6カ月で切れる。だが来季も乾はエイバルでプレーするだろう。エイバルは2年契約をオファーしており、選手はそれを前向きに考えている。契約合意は目前だ」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ガラタサライに続きベジクタシュも香川真司に関心を示す…日本代表MFのトルコ行きに現実味?
次の記事:
トッテナムとソン・フンミンが2023年までの新契約に合意…同日にラメラとも契約延長締結
次の記事:
W杯期間中に追放されたクロアチアFW、準優勝メダルの受け取りを拒否「もらう資格がない」
次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する