乾貴士が先発のエイバル、アディショナルタイムのラミス弾でレガネスを破る/リーガ第23節

シェア閉じる コメント
乾は84分までプレー

■リーガ第23節 レガネス 0-1 エイバル


エイバル:ラミス(93分)

10日にリーガエスパニョーラ第23節が行われ、エイバルは敵地ブタルケでレガネスと対戦した。エイバルMF乾貴士は先発して84分までプレーしている。

前節セビージャに5-0と大勝したエイバルは勢いに乗っている。メンディリバル監督はセビージャ戦と同じ11選手を先発起用。乾は左MFの定位置でスタメンに名を連ねた。

対するレガネスはミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ準決勝でセビージャに敗れ、同大会敗退が決定。準々決勝でレアル・マドリーを破っていたレガネスだが、ファイナル進出の夢が絶たれたショックを払しょくしたいところだ。

エイバルは序盤から主導権を握るものの、リーガ3位の失点数の少なさ(21失点)を誇るレガネスの守備力を前に決定機を生み出すには至らない。27分にオレジャーナのクロスにキケがヘディングで合わせたが、シュートは枠を捉えなかった。

試合は前半をスコアレスで終える。後半に入ると、エイバルが立て続けにチャンスを迎える。48分にコテのクロスから、50分にダニ・ガルシアのパスからチャルレスがペナルティーエリア内でシュートを放つが、いずれもモノにすることはできない。

乾は60分、左サイドからインスイングのクロスをオレジャーナの頭に合わせる。65分には左足でミドルシュートを打ったが、これはバーの上に超えた。

レガネスは83分にシオバスがチャルレスに対するファールで2枚目のイエローを受け、退場する。その直後、メンディリバル監督は乾に代えてイバン・アレホをピッチに送り込んだ。

スコアレスドローが濃厚と思われたアディショナルタイム。エイバルはジョルダンの蹴ったCKに、イバン・ラミスがヘディングを叩く。GKクエジャルを破り、待望の得点を記録した。

エイバルは暫定で6位につけ、ヨーロッパリーグ出場圏内に浮上した。一方、レガネスは12位に位置している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レヴァンドフスキ、やはりレアル・マドリー行きを望む?代理人2人を解雇との報道
次の記事:
常に先を見据える北川航也…Jリーグでの活躍が日の丸のシャツへとつながる【J1注目選手:清水エスパルス】
次の記事:
F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」
次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
閉じる