久保裕也は「ヘントの新たな静かなる皇帝」「天才のタッチ」…ベルギー誌が絶賛

シェア閉じる コメント
移籍後得点を量産する久保。ベルギー誌も活躍を絶賛している。

ヘントに所属する日本代表FWの久保裕也について、ベルギー誌『Knack』が「ヘントの新たな(静かなる)皇帝」と絶賛した。

久保は2017年1月にスイスのヤングボーイズからヘントに加入。移籍金はクラブ史上最高額となる350万ユーロ(約4億2000万円)だったと見られている。

大きな期待を背負って新天地のベルギーへやってきた久保だったが、ヘントのスカウト陣の目に曇りがなかったことを証明する活躍を見せている。優勝プレーオフ最終節を残して記録した得点は実に「11」に上り、完全に攻撃陣をけん引するプレーヤーとなった。

クラブが行った今季最優秀選手を決める投票では、クロアチア代表GKロヴレ・カリニッチに次ぐ2位につけるなど、ファンの支持も確実に集めている。

そんな久保に対し、同紙は最大級の賛辞を送った。

「クボは現代の攻撃的なプレーヤーの典型だ。ディフェンスラインで駆け引きを行い、ボールを受けては適切なタイミングでシュートを打つ。“天才のタッチ”と、コーチは言っているほどだ」

さらに「静かなるフットボーラーではあるが、クボは皇帝の力を持つ選手だ」と称賛。チームメートたちとは異なる特徴を持っていると解説し、久保がヘントの攻撃陣を引っ張る選手だという見解を示した。

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ナポリのスクデット獲得にかける夢…マラドーナの後継者は11人の英雄たち?
次の記事:
引退&退団騒動のカッサーノは家でゴロゴロ…妻から苦情も「俺はサッカーをやめてない」
次の記事:
長谷部誠、香川真司の功績を評価「彼が活躍したことで多くの日本人がドイツでプレーできている」
次の記事:
伊藤達哉、キャリア4試合目でバイエルン戦へ…ハンブルガーSV監督は再び起用法に言及
次の記事:
槙野智章が守ったハリルの教え3カ条…アジアの舞台で躍動し“最後の挑戦”へ
閉じる