【動画】久保建英がJ最年少得点記録を樹立!3人抜き&豪快な左足弾で15歳10カ月11日に記録更新

シェア閉じる コメント
FC東京U-23のMF久保建英がJ最年少得点記録となる「15歳10カ月11日」でゴールを決めた。

FC東京U-23に所属するMF久保建英が、4月15日に行われた明治安田生命J3リーグ第5節・セレッソ大阪U-23戦で得点を挙げた。これでFW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)が2004年5月に記録した15歳11カ月28日を塗り替える、「15歳10カ月11日」の新記録を樹立した。

久保は2試合連続でC大阪U-23戦に先発出場すると、38分に左サイドをドリブルで突破。DF3人を抜き去り、角度のないところから左足を振り抜くと、クロスバーをかすめる豪快なシュートでJ初ゴールを記録した。久保にとっては通算7試合目での初ゴールとなった。

また、久保は昨年11月に行われた2016明治安田生命J3リーグ第28節のAC長野パルセイロ戦に途中出場し、Jリーグ最年少出場記録を15歳5カ月1日に更新していた。

なお、試合はFC東京U-23が久保の1ゴールを守りきり、1-0で今季2勝目を収めた。 ●Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
リヴァプール・クロップ、大量チャンス逸でまさかのドローに失望「クレイジー」
次の記事:
D・コスタ、アトレティコ復帰が正式決定...選手登録禁止処分で出場は年明け以降
次の記事:
リヴァプール、2戦連続ドロー…コウチーニョ弾も多くのチャンス生かしきれず/CLグループE第2節
次の記事:
マンチェスター・Cがホームでシャフタールに完封勝ちで2連勝/CLグループF第2節
次の記事:
レアル・マドリーがC・ロナウドの2発などでドルトムントに勝利…香川は出番なし/CLグループH第2節
閉じる