「主審は怖気づいてしまった」イングランド主将ケインが終了間際の同点弾取り消しに激怒

コメント
敗れはしたもののチームの戦いを評価した。

イングランド代表のハリー・ケインは、終了間際の同点弾を認めなかった主審のダニー・マッケリー氏を非難した。

8日に行われたUEFAネーションズリーグでイングランド代表はスペイン代表と対戦。先制に成功したイングランド代表だが、前半のうちにスペイン代表に逆転される。その後もゴールが遠かったイングランド代表は1-2で敗れた。

この試合では、後半アディショナルタイムに途中からピッチに立ったダニー・ウェルベックのゴールを主審が取り消す場面も。GKがこぼしたボールを冷静に押し込んだものの、結果としてウェルベックが反則を取られた。しかし、この判定は物議を醸し出しており、主将のケインも試合後にイギリス『スカイスポーツ』で苛立ちをあらわにした。

「100%ゴールだった。あのような重要な局面では、精神的にタフなレフェリーが必要だが、残念なことに彼は怖気づいてしまった。とても大切な場面ではプレッシャーに押しつぶされない強いレフェリーが必要だ」

「ダニー・ウェルベックはただ立っていただけで、ダビド・デ・ヘアはジャンプして、ボールを掴んだ。でも、着地のときに彼はダニーの上に落ちてきて、ボールを落とした。ファールどころかなんでもないプレーだ」

主審の判定に納得できず、批判を続けたケインだが、チーム全体のプレーには誇りを持つべきだと話した。

「良い試合だったし、ボールを持つ相手に対しての良いテストになった。難しい試合だったが、良い場面もあり、彼らよりも良いチャンスを作れていたと思う。前からボールを追えたし、激しさを持ってプレーすることもできた。この試合から学ぶべきことはいくつかあったけれど、胸を張ることができる」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
3年前にイグアインと自撮りのミラン20歳FW、同僚になり感激「彼を観察している」
次の記事:
「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較
次の記事:
ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」
次の記事:
ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発
次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
閉じる