中国移籍が報じられるイニエスタ、自身の去就について「もう決断は下している」

コメント

バルセロナMFアンドレス・イニエスタが、自身の去就について「決断はもう下している」と述べた。

現在33歳のイニエスタは、バルセロナとの事実上の終身契約を結んでおり、自身で残留か退団を決められる。クラブには4月30日までに、その去就について伝えなければならない。

イニエスタは14日のリーガ・エスパニョーラ第32節、本拠地カンプ・ノウでのバレンシア戦(2−1)後に、来季に何をするのかをすでに決めていることを明かした。

「決断はもう下している。クラブは僕が意見を言わなければならないときにその決断を知り、皆もそれを知ることになる。とにかく今は、今日の勝利を満足している」

このバレンシアで先発出場を果たしたイニエスタは、後半にピッチから下がる際、観客からスタンディングオベーションを受けている。

「ファンは僕のことを支え続けてくれる。それによって僕が決断を変えることはない。が、僕は彼らに感謝をしている。20年以上も見守り続けてくれたし、ここが僕の家なんだ」

なおイニエスタは、中国のクラブと3年契約を結ぶことが報じられている。その中国のクラブの名は、明かされていない。

次の記事:
3年前にイグアインと自撮りのミラン20歳FW、同僚になり感激「彼を観察している」
次の記事:
「イカルディはゴール前の獣」フィオレンティーナ指揮官、インテル戦へ両エースを比較
次の記事:
ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」
次の記事:
ミラン売却から1年半、ベルルスコーニ氏がサッカー界へ復帰…28日に伊3部で再出発
次の記事:
浦和が見せた3ボランチの可能性。柏木陽介復帰で見えたACLへの道すじ
閉じる