世界最高のDFに輝いたのは?攻守の両面で活躍した“2冠の立役者”が頂点に

ゴールを量産するという類まれなディフェンダー、セルヒオ・ラモス。1958年以来となる、レアル・マドリーのラ・リーガとUEFAチャンピオンズリーグの2冠達成に貢献したことは、大いに称賛されるべきだ。

世界最高のプレーヤーを決める企画『Goal 50』。50人の発表を前に、2017年で最も輝かしい活躍をしたディフェンダーに焦点を当てていこう。

2017年の『Goal 50』でディフェンダーとして最高ランクに輝いたのは、レアル・マドリーとスペイン代表のスター、セルヒオ・ラモスだった。

Sergio Ramos Real Madrid

31歳のラモスにとって、昨シーズンはまたしても充実の一年となった。1958年のフアン・アロンソ以来初めて、ロス・ブランコスことレアル・マドリーをリーグとUEFAチャンピオンズリーグの2冠に導いたのだから。

守備面に加え、攻撃面でもチームに貢献した点は指摘しておかなければならない。

ラモスはセンターバックながら10得点を決めてみせた。キャリアハイとなる記録であり、特筆すべきはそれらを重要な試合で決めたということだ。

バルセロナ相手に引き分けに持ち込んだ貴重な同点ゴールにより、レアルは最終的には40試合続く無敗街道歩むことができた。優勝争い終盤のベティス戦では、残り時間数分という追い詰められた中で決勝点を挙げている。

さらにCLのベスト16でナポリと対戦した第2戦の夜、トータルスコア3−2ながらナポリに0−1とリードされた試合で、相手の希望を打ち砕くゴールを叩き込んだ。

ピッチの両側で決定的なプレーを披露したことにより、ラモスはレオナルド・ボヌッチやダニエウ・アウベスらを抑えて“世界最高のディフェンダー”という称号を手にしたのだ。

さて、ラモスは全体で何位に入ったのか? 彼より高い評価を得た選手とは? 『Goal 50』の公開は14日。どんな選手が選ばれるか、予想しながら、楽しみに待っていてほしい。

▶世界最高の50人がココに集結。熱狂と興奮を、あなたも【今なら1カ月¥0円!】

■世界最高の選手を決める『Goal 50』とは?

『GOAL 50』は過去12カ月の活躍に基づいて世界から50人のベストプレーヤーを選出し、ランキングするアワードだ。世界37カ国にあるGoalの編集長や記者たちが……

・ビッグマッチにおけるプレーぶり
・前年と比べたパフォーマンスレベルの一貫性
・記憶に残る活躍だったかどうか
・所属クラブと各国代表での実績

これらを総合的に判断し、候補者を選定。ポイントの合計でトップに立った選手が「世界最高の選手」の称号に輝く。

■世界最高のサッカー選手50人を見るには?

『Goal 50』に選ばれた選手の多くがプレミアリーグ、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、そしてリーグ・アンでプレーしています。この“欧州5大リーグ”をすべて見られるのが『DAZN』です。

広告

▶DAZNの公式サイトへ。今ならお試しで1カ月間0円!

世界最高のサッカー選手たちが作り出す熱狂と興奮を、あなたも。

文=Mark Doyle/マーク・ドイル

次の記事:
解析・イニエスタ。戸田和幸が読み解くプレーのディテール/第1回データ編
次の記事:
ACL4強進出の鹿島、J1第31節・C大阪戦の日程が10月31日に変更!カシマで19時キックオフ
次の記事:
望まぬ改革迫られたレアル・マドリー…ロペテギを襲う“CL四連覇”の重圧
次の記事:
「選手を蔑むようなことはやめてくれ」トッテナム指揮官がメディアに苦言
次の記事:
久々のCLで勝利に貢献した長友佑都「6年ぶりのアンセムは鳥肌たった」
閉じる