不調に陥るレアル・マドリー…ジダンは「私は世界最高の監督でも、最低の監督でもない」

シェア閉じる コメント

5日のリーガエスパニョーラ第11節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウにラス・パルマスを迎える。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、ジローナ戦、トッテナム戦と連敗を喫した状況にも、ポジティブである必要性を説いている。

スペイン『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。

「昨季に成し遂げたことから与えてもらったものは受け入れる。しかし私は世界最高の監督ではないし、現状から世界最低の監督になるわけでもない。私はいつだって真ん中にいる。人生は上か下にいるかということではない。ある日は良くて、ある日は悪いというだけなんだよ」

広告

「私と選手たちはポジティブに物事を考えていく。私たちという人間は、ずっと同じであり続けるからだ。もちろん、ここ最近の試合には満足していないが、シーズンの終わりに欲しいものは明確であり続けている」

またMFガレス・ベイルの離脱で揃わない“BBC“が必要であるかと問われると、次のように返答している。

「もちろんだ。私は全選手が起用できることを望んでいる。今はガレス、カルバハル、コバチッチを欠いている状態だ。全選手が万全の状態であることを求めている」

次の記事:
レヴァンドフスキ、やはりレアル・マドリー行きを望む?代理人2人を解雇との報道
次の記事:
常に先を見据える北川航也…Jリーグでの活躍が日の丸のシャツへとつながる【J1注目選手:清水エスパルス】
次の記事:
F・トーレスの残留に「ノー」を唱えたシメオネだが...「人を欺くような質問受けた」
次の記事:
“危機感”を“向上心”に…前田悠佑が33歳にして初のJ1挑戦【J1注目選手:V・ファーレン長崎】
次の記事:
恩師と再会果たした倉田秋…4年ぶりのJリーグ制覇へ共闘誓う【J1注目選手:ガンバ大阪】
閉じる