不屈のクロアチアが快挙達成!W杯史上初めて3戦連続で延長に及ぶ戦い制しファイナル進出

シェア閉じる コメント

クロアチアは11日、ロシア・ワールドカップ準決勝でイングランドを延長戦の末2-1で下し、決勝進出を決めた。今大会のクロアチアの戦いぶりは、W杯の歴史に残るものとなった。

イングランドとの準決勝に臨んだクロアチアは、開始5分で相手に先制を許す苦しい立ち上がりとなる。しかし、後半に追いついて延長戦に持ち込むと、109分にFWマリオ・マンジュキッチが決勝弾。史上初の決勝へ駒を進めた。

今大会のクロアチアは、決勝トーナメントで3試合連続で延長戦を戦うことに。英『Squawka』によると、そのすべてを制して決勝に進んだのは、W杯88年の歴史で初めてのことになった。

決勝T1回戦ではデンマークとのPK戦を制し、続く準々決勝も開催国ロシアとのPK戦を制して勝ち上がったクロアチア。満身創痍の中迎えたイングランド戦でも延長戦で勝ち切り、不屈の魂を見せるチームはW杯の歴史に名を刻むこととなった。

また、クロアチアの現在のFIFAランキングは20位だが、これも大会史上最も低いファイナリストとなっている。

クロアチアは初の優勝を懸けて、15日にフランスとのファイナルに挑む。

Goal_worldcup_article_banner

次の記事:
鎌田大地、数日中に去就が決定か…クラブはキャンプ前に戦力の整理に踏み切る?
次の記事:
リヴァプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献
次の記事:
俳優の青山隼さんが徳島に電撃復帰!選手としてではなく…レジェンドアンバサダーで
次の記事:
J1通算21,000点まであと4発!今回も等々力で生まれるか…記念弾にまつわる仰天データ
次の記事:
横浜FM、セルビア出身DFの完全移籍内定を発表!W杯での日本の戦い、サポーターの清掃に感銘
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する