一発退場の川崎F・車屋紳太郎、接触の場面は「当たったという感覚はなかった」

シェア閉じる コメント
AFCチャンピオンズリーグ 準々決勝第2戦が行われ、川崎フロンターレは浦和レッズに1-4で敗れた。試合後、川崎FのDF車屋紳太郎がゲームを振り返った。

13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦が行われ、川崎フロンターレは浦和レッズに1-4で敗戦。2試合合計4-5と浦和に逆転を許して準々決勝での敗退が決定した。試合後、川崎FのDF車屋紳太郎がゲームを振り返った。

等々力での第1戦を3-1で勝利していた川崎Fは、この試合でも幸先よく先制点を奪った。しかし、35分に同点に追いつかれると、38分に車屋紳太郎の高く上げた足が興梠慎三の顔に入ったと判定されて一発退場。数的不利に陥ったチームは、後半に3ゴールを浴びて敗退する結果となった。

前半に退場した車屋は「サポーター、チームメイト、スタッフたちに申し訳ないという気持ちです」と謝罪しつつ、「気負いはなかったし、普通のプレーをしていた」と前半のプレーを振り返った。レッドカードを受けたシーンについては「後ろ向いた瞬間だったんで、最初は(興梠選手が)見えなくて、当たったという感覚はなかった」と故意に足を上げたものではないと釈明した。

悲願のACLベスト4入りを逃した川崎F。しかしリーグ戦では2位につけており、優勝の可能性を残す。車屋は「切り替えないといけないですし、次に向けて頑張りたいと思います」と次の戦いに向けて気を引き締めた。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
イングランドで混乱続くVAR…マタのゴールを取り消しで物議を醸す
次の記事:
シャビ、“宿敵”レアル・マドリーについて熱く語る「最悪なのは根拠もなく勝ってしまうところ」
次の記事:
長友佑都へ止まぬ称賛…トルコメディアが特集「真のプロフェッショナル」
次の記事:
乾貴士、バルセロナ戦評価はチーム最高タイ「バルサに苦しみの10分を与えた」
次の記事:
岡崎慎司所属レスターはチェルシーと激突!FAカップ準々決勝の組み合わせが決定
閉じる