一発退場の川崎F・車屋紳太郎、接触の場面は「当たったという感覚はなかった」

シェア閉じる コメント
AFCチャンピオンズリーグ 準々決勝第2戦が行われ、川崎フロンターレは浦和レッズに1-4で敗れた。試合後、川崎FのDF車屋紳太郎がゲームを振り返った。

13日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦が行われ、川崎フロンターレは浦和レッズに1-4で敗戦。2試合合計4-5と浦和に逆転を許して準々決勝での敗退が決定した。試合後、川崎FのDF車屋紳太郎がゲームを振り返った。

等々力での第1戦を3-1で勝利していた川崎Fは、この試合でも幸先よく先制点を奪った。しかし、35分に同点に追いつかれると、38分に車屋紳太郎の高く上げた足が興梠慎三の顔に入ったと判定されて一発退場。数的不利に陥ったチームは、後半に3ゴールを浴びて敗退する結果となった。

前半に退場した車屋は「サポーター、チームメイト、スタッフたちに申し訳ないという気持ちです」と謝罪しつつ、「気負いはなかったし、普通のプレーをしていた」と前半のプレーを振り返った。レッドカードを受けたシーンについては「後ろ向いた瞬間だったんで、最初は(興梠選手が)見えなくて、当たったという感覚はなかった」と故意に足を上げたものではないと釈明した。

悲願のACLベスト4入りを逃した川崎F。しかしリーグ戦では2位につけており、優勝の可能性を残す。車屋は「切り替えないといけないですし、次に向けて頑張りたいと思います」と次の戦いに向けて気を引き締めた。

▶サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
レアル・マドリー、C・ロナウドに代わって最多のユニ売り上げを誇るのは背番号10のあの選手
次の記事:
ユナイテッドの水が合わないポグバ、C・ロナウド加入のユヴェントス復帰を希望
次の記事:
アトレティコでオブラクとの正GK争いに臨むアダン「簡単な道もあったが、世界最高の一クラブ加入を選んだ」
次の記事:
バルセロナ、バレンシアの司令塔パレホの獲得を検討か…契約解除金は5000万ユーロ
次の記事:
ナポリ会長、スペイン代表FWロドリゴへの興味を認める「良い選手であることは否定できない」
閉じる