ヴェンゲル、アーセナルとの契約全うを約束…2019年までは留任か

シェア閉じる コメント
ヴェンゲル監督は残留を強調している。

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、契約が満了する2019年までチームを離れるつもりはないことを強調した。

アーセナルはここまでプレミアリーグで6位となっており、チャンピオンズリーグ出場権内の4位リヴァプールとは勝ち点5差が付けられている。次期監督にカルロ・アンチェロッティの名前が挙がるなど、ヴェンゲルには少なからず圧力がかけられている。

しかし、ヴェンゲルは契約がある限りはアーセナルで戦い続けると話した。

「なぜ私が変えるべきなんだ? 常に連帯してきた。21年間ここにいるし、自分で決めたことを毎回実行に移すだけだ。クラブにとって正しいと思えばね。あと1年も10年も同じことだよ。クラブのためにベストを尽くすだけで、それをしようとしている」

アーセナルはプレミアリーグ優勝の可能性が低くなっている一方で、カラバオカップ、ヨーロッパリーグで勝ち残っている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
W杯初出場の昌子源、コロンビア戦の勝利に安堵「最後まで集中できて良かった」
次の記事:
「いくつもの悪い要素があった」ポーランド指揮官がセネガル戦の敗戦に嘆き
次の記事:
主将・長谷部誠、コロンビア撃破で自信を深める…チーム状態にも言及「一つになってやれている」
次の記事:
コロンビア人男性、サランスクで日本人女性に侮辱的言葉を口にさせる…深刻な問題に
次の記事:
影の功労者・原口元気、献身性と勝利への意志「日本のために…報われてよかった」
閉じる