ヴェンゲルはモウリーニョを見習うべき?英記者がELに臨むアーセナルへ提言

シェア閉じる コメント
ELに臨むアーセナルは、昨季のマンチェスター・Uを手本にすべきとの見解を示した。

今季はヨーロッパリーグ(EL)を戦うアーセナル。『デイリー・ミラー』のアドリアン・ケイジャンバ記者は、ここ20年以上同大会を経験していないチームは「昨季のマンチェスター・ユナイテッドを見習うべき」との見解を示した。

アーセナルは昨シーズンのリーグ戦で5位に終わり、アーセン・ヴェンゲル監督就任以降初めてチャンピオンズリーグ出場権を逃して、今季はELに参戦することとなった。ELは木曜日開催のため、週末のリーグ戦までの間に休みが減ることとなり、それを考慮したマネージメントが必要になってくる。

厳しい日程への対応が迫られるノースロンドンの強豪だが、ケイジャンバ記者は昨シーズンELを制したジョゼ・モウリーニョ監督が行ったようなアプローチが必要になってくると話している。

「アーセナルはマン・ユナイテッドの経験をうまく利用するべきだ。昨年ユナイテッドは素晴らしかったし、この大会においてアーセナルのタイムリーなお手本となる。非常につらいものになるだろうが、彼らが勝ち取ったものを思い出すべきだ。ユナイテッドは今季チャンピオンズリーグに出場する。そしてモウリーニョは『トロフィーを勝ち取ることはリーグ戦を3位や4位で終えるよりもずっと良いものだ』と話した。それはチームを成長させ、精神面を鍛えてくれる」

「何かを共に勝ち取るということは、チームの成長の指標となる。アーセナルには強力なスカッドがある。うまくいけば、昨年のユナイテッドのようにタイトルを勝ち取れる可能性が十分にあるだろう」

“犬猿の仲”として知られるヴェンゲル監督とモウリーニョ監督だが、“スペシャル・ワン”の成功体験を、参考にしても良いのかもしれない。

次の記事:
レアル・マドリー、ビルバオGKケパに関心...現在の契約解除金は1000万ユーロ
次の記事:
長期離脱のデンベレ、試合前から痛みを感じていた?バルサは芝の状態を問題視
次の記事:
ミヤトビッチ氏、批判を浴びるベイルに「私なら売却していた。マドリーに適応していない」
次の記事:
酒井高徳所属HSVのもう1人の日本人が活躍…レイソル出身の若手が2軍の“ダーリング”に
次の記事:
徳島ヴォルティス、松本戦で観戦ルール違反の一部サポーターに入場禁止処分
閉じる