ヴィッセル神戸FWポドルスキが全治6週間の骨折…ドイツに一時帰国で治療

シェア閉じる コメント
ヴィッセル神戸は、FWルーカス・ポドルスキの負傷について発表した。

ヴィッセル神戸は12日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの負傷について発表した。

ポドルスキは和歌山キャンプ中の6月28日、練習中に負傷。神戸市内の病院で検査を行った結果、左足内側楔状骨剥離骨折と診断された。全治には、受傷日から6週間を要する見込みで、ポドルスキは現在治療のため、一時帰国している。

昨季途中より神戸に加入したポドルスキは、33歳。今季はJ1リーグ戦11試合に出場し、3得点を記録しているほか、主将にも任命されてている。

神戸のリーグ再開は、7月18日の明治安田生命J1リーグ第16節のV・ファーレン長崎戦となっている。

Goal_worldcup_article_banner

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
バイエルン、フランス代表DFパヴァール獲得間近か…ロシアW杯優勝に大きく貢献
次の記事:
豪メディアが本田圭佑のAリーグ加入に期待「決まればデル・ピエロ以来のビッグネーム」
次の記事:
ネイマール、自らの口でPSG残留宣言…ロシアW杯での失望も語る
次の記事:
日本代表、次期監督大本命はやはりヴェンゲルか…英紙「日本のトップターゲット」
次の記事:
ローマ加入パストーレ、過去セリエAでユーヴェに全勝も「C・ロナウドがいたら変わる」
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する